森の鼓動

安保真

北海道の先住民族であるアイヌの人々は、シマフクロウを最高位の神(コタンコロカムイ)として崇め自然と共に生きてきた。生きとし生けるものを敬うその精神、そのアイデンティティをコタンコロカムイの目を通して、アイヌ文化の一端を覗いてもらいたいと願って描いた作品(第230回ル・サロン2020 MENTION受賞作品)

(素材:和紙、墨、木製パネル)

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
森の鼓動
作家名
画廊
制作年
2019年
技法
-
号数
30号
サイズ
90×90×2cm
価格
-
非売品 額装有 買戻し保証

作品一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※