作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

外山昇

NoboruSotoyama

幼稚園の時、「木下サーカス」の絵募集で賞を貰ったのがきっかけで「絵画教室」へ通う。高校を卒業して電電公社で働きながら「武蔵野美術短期大学2部」通う。その後、日本デザイナー学院2部にも通い、夏の作品では作品が学院全国紙に掲載。中学生の頃から描き始めていた「ペン画」一本に専念。独自の「彩色ペン画」にて、日本のみならず、アメリカ、フランスにも作品発表。春は桜、秋は紅葉、冬は雪を追い求めながら、故郷尾道をメインに海景を描いています。

 
【略歴】
1952年
・広島県尾道市生まれ
1976年
・横浜有隣堂ギャラリーにて初個展
1978年
・日本デザイナー学院(横浜校2部)入学
1979年
・日本デザイナー学院卒業
1982年
・銀座フタバ画廊にて個展
1987年
・第13回ブロードウェイ新人賞展入選(銀座)
1989年
・神奈川県美術家協会賞受賞
1990年
・第14回ロータリアン賞候補洋画作家展(横浜)佳作
1991年
・第17回国際現代美術家協会(都立美術館)都知事賞
1992年
・第2回広島の美術(広島市現代美術館)佳作賞
2000年
・第26回国際現代美術家協会展文部大臣奨励賞受賞
2012年
・SNBA(パリ:カルーゼルデュルーブル)ブロンズ賞
2017年
・個展(銀座アートホール)
2018年
・SNBA(パリ:カルーゼルデュルーブル)シャルルコッテ賞
 
※賞履歴は抜粋です。
 
 
【現在】
パリSNBA正会員
国際現代美術家協会代表理事・文部科学大臣賞選考委員
国際現代美術家協会広島支部長

続きを表示

展覧会一覧

作家一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※