リカ·セカート展"Café" Lica Cecato - ニュース
NEWS & EXHIBITION リカ·セカート展"Café" Lica Cecato

リカ·セカート展"Café" Lica Cecato

リカ・セカート展のプレスリリー1ス.bmp リカ・セカート展のプレスリリース.bmp

当画廊は2008年の開廊以来11年間、イギリス、スペイン、オランダ、ポルトガル、イタリア、トルコ、ドイツ、カナダ、ブルガリアなどとの交流展を企画実施、また東京、ソウル、香港、台北、シンガポール、ドバイ、上海、ニューヨーク、ルーブル美術館、ロンドン、バンコクのアートフェアにも出展いたしました。2016年に第1回TKO国際ミニプリント展(東京→京都→大阪)を立ち上げて、43か国、330作家、599点の作品を集め発表しました。次回は2020年のオリンピックイヤーを予定しております。

この度ブラジル出身で音楽家でもあるリカ・セカートさんの個展"Café"を企画する運びとなりました。彼女が生まれたサンパウロは、コーヒーの一大生産地です。子供の頃、家族と一緒にコーヒー農園で休暇を過ごした時の楽しい思い出と共に、コーヒーの木、実、作業風景、香りなどの記憶は鮮明で、天然繊維素材、ネパール紙、和紙、岩絵の具、水彩絵の具、京染の型紙を使用した作品約 点を展示予定です。コーヒー豆が和紙に溶け込み、まるでダンスのように、時には空中に浮遊し、現代的そして具象的に描かれていて、作品には彼女の歴史や記憶が込められています。

5日(土)18:00~来日作家を囲むパーティーも開催、ケぺル木村と彼女自身もブラジル音楽を披露し花を添える予定です。

■プロフィール

プロフ.bmp

1956年 サンパウロのイタリア系移民の家庭に生まれる。祖父は指揮者、父は管楽器奏者という家庭環境に育ち、幼い頃から音楽に親しんでいた。

1973年〜78年 アーティスト、デザイナーとして活動する。 

1978年 イタリアに渡り、美術を学ぶ。

1980年〜現在 米国のバークリー音楽院に学び、「サラ・ヴォーン賞」を受賞する。
その後、歌手としての実績を積み上げる。サンバやボサノヴァはもちろんのこと、ジャズやクラシック、カンツォーネから演歌まで幅広い分野で活動する。ソロやコラボレーション、コンサート、国際的なシーンで最も影響力のあるミュージシャンとのプロジェクトなど、18枚のCDがリリースされている。

1990年〜2012年世界的なアーティスト、アントニオ・ディアス氏と結婚、ディアス氏は彼女の美術家としての才能を認め、ブラジルやケルンで個展を企画開催した。

2018年10月 駐日ブラジル大使館において日本で初の個展を開催

2019年 6月 フランス パリ Caféothèque of Parisで個展を開催

展覧会名:リカ·セカート展"Café" Lica Cecato
会期:2019年10月1日(火)~6日(日)
時間:14:00~18:00
会場:B-gallery
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-6重要文化財フランク・ロイド・ライト設計自由学園明日館西隣