中津川翔太インタビュー - インタビュー
インタビュー 中津川翔太インタビュー

INTERVIEW

中津川翔太

日本画材にこだわらず
日本古来のモチーフを描く
日本画家


簡単に自己紹介をお願い致します。


「日本画家」として活動をしています。ただ、特に日本画材などに拘って描いているわけではなく、日本的なモチーフや考えを作品にしていきたいと考えているので、画材にはこだわらない日本画として表現できれば良いなと思っています。
そもそも日本画というのがあいまいなカテゴリーなのと、今の時代日本画材使っていないと日本画ではないのかと言ったらそんなことはないと思うので。

日本画の定義自体が非常に曖昧と様々な日本画家さんがおっしゃっていて、中には日本人が描けば日本画だろうという方もいるくらいですからね。


そうですね、だから私は画材に固執せずに日本画家として活動しています。

特に岩絵の具などを使っているから日本画家というわけではないので、それが良いのか悪いのかわからないのですが。。。もちろん日本画材も使ったりはするのですが、特にそこまでこだわる必要はないだろうと思っています。

モチーフはおっしゃる通り日本ぽいのが多いですね。


はい、わりと信仰や八百万の神など日本古来の考え方などをテーマにするのと、自分自身がトイ(おもちゃ)が好きだったので、そういったものをミックスしたコレクショントイなどを取り入れています。

作品自体は色が違うなど連作のものが多いです。
いわゆる集めたくなるような作品もコンセプトの中に取り入れていますね。

絵を描き始めたのはいつ頃からですか?


小さい頃から描いてはいたのですが、、、

結構私は進学校だったんですね。大学は行かなきゃいけないという考え方で育ててもらっていて、その中で自分がやりたいことの中で一番良い大学はどこだろうと考えていました。
本当に就職したくなくて(笑)サラリーマンやりたくないなぁとずっと考えていて。。
そのころノートとかに絵とかは描いていたんですね、グラフィティみたいな感じなのですが。
それでふっと、「美術で一番良い大学行こうかな」と思って、それで多摩美や武蔵美色々ある中で東京藝大が一番難しいとのことで藝大を目指して高2から美術の予備校に通い始めて、3浪して藝大に受かりました。

それで入ったのが工芸科ですね。


どこの科に行きたいかということを見たときに、デザイン科というのも頭にあったのですが、学校を見に行ったときにデザイン科の人ってやっぱオシャレなんですよ。かっこいいなーと思って、デザイン科良いなと思っていたんですね。で、予備校通っているとデザインと工芸はデザイン工芸科といって同じ科になっているんですよ。それでデザイン科プラス工芸家の先生が教えてくれて。

結局デザイン科って話を聞いていくとデザインをするだけだと私は感じて、ただ工芸家ってデザインしつつ自分でものを作るので、ものづくりいいなーと思っていたのですが最終的にはカチッとしたのが嫌で、アートっぽいことをやりたくて選んだというのもあります。
工芸を選んだきっかけは高2の冬くらいに藝大の卒業展示をに見に行った時です。工芸科の作品が工芸とかよりも彫刻ばっかだったんですよ。あ、そういうのもできるんだ!と思って工芸科にしました。
その中で一番感銘を受けた作品が漆の作品だったのです。漆の作品で彫刻作品があって、すごくかっこよくて漆(工芸)にいこうと決めました。

ご両親も芸術家だったとかではないですか?


母親は慶應の法学部出身で今は会社を経営しています。親戚中もみんな良い大学を出ていて芸術家は親族にはいません。だから余計に大学にはちゃんといかなければならないという雰囲気はあります(笑)
親戚の中でいうと少しアウトローだったかもしれないですね。

しかも3浪していたので親戚の集まりとかでは「何やっているの?」みたいに言われることはありました。
絵画、陶芸、音楽、オリジナルブランド、
それぞれの表現の垣根のない
それぞれの表現方法


藝大に入ってからは工芸科だから工芸作品を作るのが中心ですか?


いや、実はそんなこともなくて工芸科に入ると色々と基礎的なことを学びました。
彫刻だとか、日本画、油絵など。
それで日本画の授業でやってみて「あ、日本画も良いな」と思いました。

実は3回の受験のうち2回は藝大一本で3回目は東北芸術工科大学を日本画で受けました。絵も好きだったので、藝大に落ちたら東北芸工の日本画に行こうと思っていました。
結局藝大に受かったのですが、授業で日本画もあったのと独学でも勉強して結果的に日本画もやるようにはなりました。

元々古いものや日本の物が好きだったというのもあるし、やっぱ日本画って他の絵の感じと違うのでそれで日本画って面白いなーと思って始めましたね。

古典的な物がお好きとのことでしたが、その源泉はどこから来るのでしょうか?


工芸をやっていた時に、古美術研究という授業があって2週間くらい京都と奈良に滞在して神社にいくつも行くことになるのですが、神社の造形がその経緯も含めて本当に格好良くて、それで興味を持ち出して神社が好きになりました。それから自分で作品のネタを引っ張ってくる時にそういう話とかコンセプトから引っ張ってくるようになりました。

サムハラという作品があるのですが、

image.jpg
サムハラ
制作年:2018年
号数:F 10号
技法:アクリル 箔
【詳細はこちら】

神の言葉で「神語」というものがありその中にサムハラという漢字があります。それをモチーフにグラフィティっぽい絵を描こうかと思ったのがこの作品です。

言葉をモチーフにしたのは今の所これだけですが、日本は言葉を大事にする文化があるので言葉も絵にしていければ良いかなと思っています。

こういったポップな作品はデジタルで作る方もいると思うのですが、なぜあえて壁面にしたのでしょうか?


大量生産というかいろいろなパターンを描いていくので、全く同じようにしようとは思っているのですがやはり1枚1枚同じように見えても、実は配置がミリ単位で違っています。その同じ物があるようでないというのが重要ではないかなと考えています。
コレクショントイなども原型は機械だと思いますが、塗りは手塗りだったりするので微妙に一つ一つ違ったりするのでそういう所に魅力を感じています。


絵画、グラフィックデザイン、音楽と幅広く手がけていますが、それぞれの表現手段をどのように区分していますか?



ばっさりと区別という区別はしていないです。

例えば自分のブランドのTシャツのデザインをしたりしていますが、これと絵画は同じジャンルだととらえています。

世界的に有名なグラフィティデザイナーって壁に描いたものをTシャツに落とし込んだりしているのですが、そういったことをやっていきたいなと思っていてできる限り自分の作品それぞれをリンクさせていきたいと考えています。


音楽はどのような経緯で始めたのですか?


元々DJは高校生の時とかにちょっとやっていて、本格的にやり始めたのは大学を出たくらいからですね。最初は趣味程度にやっていて、何度か現場に出ていくうちにお金も多少もらえるようになってきて、そのうちみんなやめていくんですよね。クラブとかでも大学生が回したりしている場合が多くて、みんな就職などでやめていく中で私は就職をしていないのでDJをやめる理由が特になくて(笑)そのまま続けていると、だんだん年齢的にも上の方になってきていてそれで色々声をかけてもらえるようになっていきました。

絵もそうなんですけど、みんなやめていっちゃうんですよね。
藝大の同期の男性は6人くらいしかいなかったのですが、私は絶対作家になると決めて入っていたしみんなそのつもりだろうと思っていたのですが、結局蓋を開けてみたら作家専門としてやっているのは2人しかいないのです。

陶芸家の人と私と、あとはどこかで教えながら生計を立てている人や就職している人もいます。
背景としては今の時代や将来への不安というのがあると思います。私が大学生の時の教授や先輩方は何の不安もな作家をやっているように見えました。内心は不安などはあったかと思いますが、それを微塵も感じさせない雰囲気を醸し出していましたね。

デザイン科であればわかるのですが、今だと工芸科の人ですら多くの人が広告代理店などに行ってしまいます。もったいないなと思う気持ちはありますが、そうする気持ちもわかりますし現実的な考え方をする人も増えたのだと思います。私も将来どうなっていくのかなというどうなっていくんだろうとは思っていますし。

中津川さんはサラリーマンの選択肢はなかったとおっしゃっていました。それはなぜですか?


父はサラリーマンだったのですが脱サラして母と舞台メイクの化粧品を販売する会社を創業したのですがそれが印象的だったのは覚えています。突然会社をパッとやめて、起業したというのが。
母親は元々バレエ教室をやっていて、突然二人で事業を始めて・・その発想が当時の私にはなかったので衝撃的でした。会社員という選択肢しかないと思っていたので。「会社ってやめて良いんだ!」と。

それが今に繋がっているのかなと思う時があります。

アーティストとして最も嬉しかった時はどんな時ですか?


シンプルに認められた時、というか購入してくださった時がその最たる場面だと思うのですがその時ですね。もちろん良いと思って展示しているので、それに対してお客さんが「これだよね」みたいな反応をしてくれた時というか・・
あと、先日日本橋Art.jpからサムハラが売れたのですが、あれは元々実験的な作品だったのです。言葉をグラフィックっぽくするのってどうなのかな?若い子向けの作品なのかな?など色々悩んだ部分はあります。自分の作品を購入してくださる方は年齢層高めの方が多いし余計に。。。

もちろん自分の中ではハマっていたのですが、結局ネットを通じてお客さんに「面白いですよね!」と言って購入してくださったのが非常に嬉しかったですね。

逆に一番辛かったのはどんな時ですか?


藝大の大学院進学がらみの話ですね。
私の代は工芸科は6人いて本当に珍しいことなのですが、そのうち1人は大学院試験に必ず落とさないといけないと言われました。

大学院試験は学科と実技の試験があって、私自身が作品に対する作家の名前を正確に応えることや漆の歴史とか。。必要かな?と当時すごく思っていて全く勉強せず、、、当然落ちてしまいました。
あとから聞いた話ですが実技はトップだったのに学科がビリだったようで。
それで次の年に彫刻を受けたのです。
彫刻は実技はなく作品と面接だけだったのですが、結構審査員の方の感触も良かったのですが落ちてしまいまして・・・よくよく聞いたら彫刻と工芸は非常に難しい部分があるみたいで、工芸家が作った作品が工芸なのか彫刻なのか?というカテゴライズが問題になってくることがあるみたいなんです。
だから私を彫刻で受からせることによって彫刻側が工芸を彫刻として認めたことになるというカテゴライズが問題になるということがあって、それで落とされたと。。。

その理由も正直、う〜んという感じでしたが、、、

結局院に入ってから本格的に画商さんとかとつながりができるので、その院に進めない以上これから芸術家としてどうしていこう!?という状態になって。。それが本当に辛かったです。

結局卒業制作で目をつけてくださったギャラリーさんがいて、そこで1年くらい専属としてやらせていただいて、その後制作して美術館に出すなど活動を広げていってます。

画家としてだけではなく、
様々なジャンルをまとめあげ、
「これが中津川」を確立していきたいです


制作のインスピレーションを得るために何かしていることはありますか?


神社にはすごく行きますね。方位学も気にしていて。

おすすめ神社はありますか?


ちょっと都心から離れてはいますが、箱根神社ですね。建築物もそうですし、空気感もまた違いますね。
あと近場だと明治神宮もわりと好きですね。明治神宮も空気感が好きなのですが、私は結構神社の空気感を大切にしていて、神様の色のような物が存在すると思っています。
あそこの神社はすごく荒々しい方がいるんだな、などそんな感覚があるので、全然無名な神社などに行くと「あ、すごく素朴な神様がいるのかな」など、神様の顔を想像することがあります。そういったことが意外に作品のインスピレーションになります。

これまで影響を受けた画家さんはいますか?


作家というくくりでいうと宮川香山がすごく好きです。衝撃的なほど派手なんですよね。色とかそういうことではなく造形的に派手なんです。
お茶碗に蟹がバン!と乗っているような。。。作品は結構海外に行ってしまっているのですが、初めて見た時はすごく衝撃的でした。
厚さが違うからどのような方法で作られているかわからないそうです。作品自体も非常に個性的で器の常識からは外れていて、誰もやらないほどの強い個性がありますし、その作家性がすごく好きです。

で、質問の画家として影響を受けた人・・・なんですが、う〜ん。
影響というか今村上隆さんなんかがファッションの方にも行っていて、それはすごく共感できるなと思っています。自分のアートをファッションに落とし込んで、それをブランド化していくという。自分としてもその方向性を今考えているので。

これから挑戦していきたいことなどはありますか?


立体はまた復活させたいなと思っていますが、まだブランド・アートなどやっていることがバラバラしている印象があるのですっきりまとめていきたいなと思っています。それで「これが中津川だな」という物ができると良いなと思ってますね。作品の方向性などはやっと定まってきたかなと思っています。
image.jpg

作品名:OMOTE
制作年: 2018年
サイズ:S20号
技法:アクリル
【詳しくはこちら】

image.jpg

作品名:鬼板
制作年:2018年
サイズ:F 8号
技法:アクリル
【詳しくはこちら】

image.jpg

作品名:N(黒)
制作年:2018年
サイズ:F10号
技法:アクリル
【詳しくはこちら】

image.jpg

作品名:N
制作年:2018年
サイズ:F10号
技法:アクリル
【詳しくはこちら】

中津川翔太

伝統工芸に魅せられ日本画を独学で学び、
グラフィティのイメージを取り込む事に成功する。
日本画界では珍しいシルクスクリーン技法を取り入れ、
世界に通用する作品を世に排出している。

伝統工芸が失われつつある日本の文化を、
現代的なアートを取り入れることで今の時代にあった作品作りで各方面から絶大なる支持を得ている。

最近では、上野の森美術館、金沢21世紀美術館と二代美術館での展示に成功し、
2019年10月にはパリのルーブル美術館で行われる「SALON ART SHOPPING」での出展も決まっている。

中津川翔太紹介ページ