僕らの書展 2020 FIN

展覧会情報


この度、FEI ART MUSEUM YOKOHAMAでは12月10日より若手書家グループの最終展示「僕らの書展2020FIN」を開催致します。
「僕らの書展」は、2009年夏にグループ主宰の佐藤達也氏が平成生まれの書を志す若者に声を掛け設立されました。
近代以降の公募展や団体展の形式に当てはまらない・既存の書表現にとらわれない「自由な若い感性による新しい書表現」の模索を続け、2010年に初の展覧会を開催して以来、同じ感覚を共有する若い書家たちが国内外で作品を発表しています。
グループは結成から10年をもって解散することを前提に活動しており、その区切りとなる本年(2020年)、最後の展覧会を開催することになりました。
10年の月日の中で、卒業・就職・結婚・出産等、彼ら彼女らを取り巻く環境も目まぐるしく変化しました。そして、書も変化を遂げてきました。
会場ではメンバー6名・15点の大作を紹介、次のステージを登るメンバーの作品をご覧ください。
 
【出品作家】
泉諒治、伊藤聡美、内野直弥、小久保充基、佐藤達也、増田桃子(五十音順)
 
【「僕らの書展」について】
「平成生まれの書家のコレクティブ」として2009年夏に結成し、以後隔年で展覧会を自主運営しています。
戦後に萌芽した”現代書”は現在、表現の行き詰まり感があります。なににも囚われない(囚われたくない)活動の場を自ら生み出しながら、結成当初より活動期間を10年として国内外での展示を続けてきました。2020年の今年が活動終了の年になります。
今回で9回目の展示、久しぶりに超大作中心の作品群になります。作品点数15点。これが最後の展示です。

 
 


 
 

会場
会期
2020.12.10 ~ 2020.12.20
時間
10:00 ~ 19:00(※最終日17:00まで)
休廊日
月曜
住所
〒221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2横浜鶴屋町ビル1F
TEL
045-411-5031

戻る