作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

上田タカヨシ

Takayoshi Ueda

上田タカヨシ,デジタル,版画


▼コンセプト
個の連鎖と調和が私の作品の重要な要素になっています。
様々な手彩色の入力素材を用たデジタルコラージュで出来たキャラクター達は、それぞれのパーツに関連性が無いにもかかわらず、個性的で非常に強固なフォルムを備えています。
個の集積に秩序が加わって成立する世界観は現実社会と構造的に同じ事を意味し、それゆえに作品は作者である。
私自身やその鑑賞者にとって「新共生空間のビジュアルシュミレーション」と言えるかもしれません。


▼プロフィール
1969年 大阪府生まれ。
現在、和歌山県に在住。


1994年からコンピューターを制作に導入し、初期のDigilo-graphyと名付けた幻想的な作風を経て、
2008年から様々な手塗りの入力素材を使用し、そのテクスチャーを生かした異形の動植物で構成するデジタルコラージュ作品へと変遷している。
2007年のNYでの個展から比較的大型の作品を中心に欧米や中東、アジアなど世界各地でグループ展などに参加。


▼主な受賞
・ARTBOX. PROJECT New York 1.0<Finalist> (STRICOFF Gallery, NY)
・BAYER WORLD WIDE<グランプリ> (Exhibition Hall BAYER, Stara Zagora, Bulgaria)
・IT'S LIQUID INTERNATIONAL CONTEST 2017<佳作> (Itsliquid Group, Venezia Italy)
・International Emerging Artist Award in World Art Dubai<Gallery Show Award> (Dubai/Belgium)
・アジアデジタルアートアワード2015<静止画部門 大賞>(福岡アジア美術館)、他

個の連鎖と調和が私の作品の重要な要素になっています。
様々な手彩色の入力素材を用たデジタルコラージュで出来たキャラクター達は、それぞれのパーツに関連性が無いにもかかわらず、個性的で非常に強固なフォルムを備えています。
個の集積に秩序が加わって成立する世界観は現実社会と構造的に同じ事を意味し、それゆえに作品は作者である私自身やその鑑賞者にとって「新共生空間のビジュアルシュミレーション」と言えるかもしれません。

▼プロフィール
1969年 大阪府生まれ。
現在、和歌山県に在住。

1994年からコンピューターを制作に導入し、初期のDigilo-graphyと名付けた幻想的な作風を経て、
2008年から様々な手塗りの入力素材を使用し、そのテクスチャーを生かした異形の動植物で構成するデジタルコラージュ作品へと変遷している。
2007年のNYでの個展から比較的大型の作品を中心に欧米や中東、アジアなど世界各地でグループ展などに参加。

▼主な受賞
・ARTBOX. PROJECT New York 1.0<Finalist> (STRICOFF Gallery, NY)
・BAYER WORLD WIDE<グランプリ> (Exhibition Hall BAYER, Stara Zagora, Bulgaria)
・IT'S LIQUID INTERNATIONAL CONTEST 2017<佳作> (Itsliquid Group, Venezia Italy)
・International Emerging Artist Award in World Art Dubai<Gallery Show Award> (Dubai/Belgium)
・アジアデジタルアートアワード2015<静止画部門 大賞>(福岡アジア美術館)、他

展覧会一覧