scene

  • プライベート
    • リビング
    • 和室
    • 寝室
    • 玄関
    • 仕事部屋
    • 客間
  • ビジネス
    • 社長室
    • 応接室
    • 会議室
    • エントランス

type

  • 油絵
  • 水彩画
  • 日本画
  • 西洋画
  • 版画
  • 水彩画
  • 掛け軸
  • 浮世絵
  • アクリル
  • ミクストメディア
  • その他

price

  • 10万円未満
  • 10万円以上50万円未満
  • 50万円以上100万円未満
  • 100万円以上
  • 価格未設定

PICKUP ART

見上げる

北野有里子

制作年 2017年
サイズ 410mm×318mm
号数 F 6号
技法 日本画
価格 120,000円
備考 (高知麻紙、岩絵具、純金箔、墨、水干絵具)額代込み

冬ごもり

オーガフミヒロ

サイズ 53cm×53cm
号数 S10号
技法 その他 キャンバス・アブソルバン・アキーラ・オイルパステル
価格 200,000円

瓶の中の夢

遠崎高平

制作年 2017年
サイズ 910mm×1167mm
号数 F 50号
技法 油絵
価格 500,000円

ユニオンスクエア朝景

寺本和純

制作年 2017年
号数 F 40号
技法 油絵
価格 1,120,000円

星を数えて

田代紗絢香

制作年 2017年
サイズ 272mm×219mm
号数 F 3号
技法 油絵
価格 90,000円
備考 ※ご注文後に制作致します。制作期間3ヶ月程度頂きます。

椿と振りむく女(ひと)

古賀陽子

制作年 2017年
サイズ 60.6cm×72.7cm
号数 F 20号
技法 油絵
価格 480,000円

浄瑠璃寺

斉藤和

制作年 2013年
サイズ 720㎜×910㎜
号数 30号
技法 その他
価格 1,680,000円

ひだまり

小池壮太

制作年 2016
サイズ 53cmx41cm
号数 P 10号
技法 油絵
価格 400,000円

PICKUP ARTIST

深沢尚宏

Fukasawa Hisahiro

日本画 現代アート

作品価格帯:40,000円~350,000円

斉藤和

Kazu Saitou

日本画

作品価格帯:360,000円~2,880,000円

國枝愛子

Aiko Kunieda

日本画

作品価格帯:

谷上裕二

Yuji Tanigami

油絵

作品価格帯:300,000円~1,000,000円

中園ゆう子

Nakazono Yuko

その他 日本画

作品価格帯:50,000円~960,000円

古山拓

Taku Furuyama

水彩画 洋画

作品価格帯:45,000円~100,000円

高梨美幸

Miyuki Takanashi

ミクストメディア

作品価格帯:22,000円~110,000円

あべとしゆき

Toshiyuki Abe

水彩画

作品価格帯:270,000円~1,200,000円

【web展覧会予定】内田江美 個展

2016年台湾のランドマークである、台北101タワー内の"ギャラリー101"にて、
村上隆、草間彌生に続き日本人としては3人目に個展開催を実現した
内田江美さんのweb展覧会を創英ギャラリーと共同で開催いたします。
 
さらに内田江美さんは「台湾完売作家」と呼ばれ、
台湾での展覧会翌日には出品作品が完売してしまったことがあるほどの
超人気作家です。

多摩美術大学 助手展 -ヨコハマ- 交錯する視点たち

今回の展示は、絵画・デザイン・彫刻など多様な専門領域の現役多摩美術大学助手たちによる展覧会です。
切磋琢磨して生み出された作品、ジャンルを超えた幅広い展示をお楽しみください。

後藤友香 個展

ヒロマート・ギャラリーでは、後藤友香の新作展『家』を開催いたします。 後藤友香は、東京生まれのアーティストで、現在も東京を制作の拠点に活動しています。 2011年より、毎年、ヒロマート・ギャラリーで新しいテーマの作品を個展、二人展を通して発表しています。今展では、「家」を主題に、まるで覗いてみたような空想の世界を表現したペインティング作品を発表いたします。既成のキャンバスにとらわれず制作したキャンバスを縫い合わせた作品や、立体的なペインティング作品も展示いたします。

古山拓展【水彩で旅するヨーロッパ】~日本橋Art.jp×アトリエアルティオ~

会期:2019/1/22(火)~2/16(土)
※日本橋Art.jpにてweb展覧会同時開催予定

アルティオ会場:午前11時~午後6時( 日・月・祝定休)
アルティオ会場限定で、仙台風景を小さな額に収めた『仙臺ちび絵』展も同時開催。

木村有沙 展 ゆらいでふれる、ひとつの眼

木村有沙の絵は、感情が投影される表現主義的でありながら静かな印象を与えます。
画面に浮遊するあやういかたちは丸かったりささくれていたり。
それは彼女のなかにある刹那の心理状態が可視化され、「こころのかたち」になっているのかもしれません。

黒木リン展 いつか どこかの ハザマで

無音の空気感をまとい、つけペンで細密に描かれた絵。黒木リンは「私の絵の前に立った人が絵の中の"一人"になる。」といいます。
夢のような景色は、彼女が感じる世界の具現化であり、生き物を愛する者の心のパラドックスを内包しているのでしょう。ご期待ください。

第3回 イロコイ 日本画五人展( 山下孝治・石谷雅詩・藤城正晴・石谷滋規・金子洋平)

このたび豊田画廊では、現代日本画壇において新たな潮流を創造する
俊英日本画家5人によるグループ展を開催致します。
この機会にぜひご高覧くださいますようご案内申し上げます。

新春絵画蔵出し市

新春特別企画として新春絵画蔵出し市を開催いたします。
日本画・洋画・版画の物故巨匠から実力派作家まで、
多彩に取り揃え、新春ならではの特別価格にて展示即売いたします。

12×12cmCDジャケットサイズのアートワーク展「SQUAREPACK 13」

会期:2019/1/19(土) 会期:2019/1/20〜2019/1/27水...

RECOMMENDATIONSオススメコンテンツ

INTERVIEWインタビュー