作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

まかよん

makayon

七宝焼ではいつもガラス等の素材の力に驚かされていたので、透明水彩でも絵の具と水の力を最大限に引き出せたらと思っています。また、これからは七宝焼でも使っていた金箔や銀箔を水彩と合わせて使ってみたいとも考えています。
 
▼略歴
同志社大学 絵画サークル「くらま画会」にて、油絵、アクリル画を制作。
 
卒業後、七宝焼を橋本紗登先生に師事し、アクセサリーをはじめ、壷、皿などを作成。
 
芦屋市展で入賞
 
子育て等を経て、かねてより興味のあった透明水彩を学ぶため、天野隆生先生の教室へ。
2018年 / Instagramへ作品を投稿
2019年 / ホテル・ラ・スイート神戸の第22回 DKGAPで入選し、3ヶ月間、オーシャンズガーデンのラウンジに作品を展示
 
大阪、京都、金沢などでグループ展やOB展に参加
 
▼今後の展覧会
スケッチブック展(現在東京→神戸→新潟の予定)
アトリエプラド展(教室展)
岩手県でのグループ展(コロナで来年に延期)

続きを表示

展覧会一覧

ブログ一覧

作家一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※