作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

田村久美子

Kumiko Tamura

自然界の花や草木が作り出す独自の空間に魅了され、油絵・平面の可能性を広げながら、そこにしっかりとした生命力を放つ作品として、ひとりひとりの「時」を思い起すことのできる作品を描き続けています。

コンセプト:自然界の花や草木が作り出す独自の空間に魅了され、油絵・平面の可能性を広げながら、そこにしっかりとした生命力を放つ作品として、ひとりひとりの「時」を思い起すことのできる作品を描き続けています。

【1979年】
長野県生まれ

【2003年】
日本大学芸術学部美術学科絵画コース卒業

【2003年 – 2005年】
渡英、Byam Shaw School of Art London在籍/修了

◆個展
【2001年】
「もののけ」 空木画廊、東京

【2007年】
「Holy Garden」 AISHO MIURA ARTS、東京

【2009年】
「out of the mountain」 AISHO MIURA ARTS、東京

【2012年】
「The remains of the moment」 H.P FRANCE WINDOW GALLERY Marunouchi、東京

【2013年】
「plant in Ananda」Hair salon Anand、東京

【2016年】
「森になる」 SMART SHIP GALLERY、東京

【2018年】
「東京 greenline」H.P FRANCE WINDOW GALLERY Marunouchi、東京
※国内外のグループ展、海外アートフェア参加多数

◆パブリックコレクション
六本木ミッドタウンオフィスタワー33F(JT協賛)
社会医療法人母恋天使病院(北海道札幌)
大阪府立精神医療センター(大阪)
さいたま赤十字病院(埼玉)

◆OTHER
※EnoR,LLC(エノアール) 2016.7月よりアートコンシェルジュはじめました。
「絵のある暮らし、ていいね」そんな素敵な魔法がかかる絵画制作はもちろん、作品選びから
額装・飾り方など、あらゆる絵のお手伝いをいたします。www.facebook.com/enor.tokyo

※現代アート販売(通販)のタグボートにて作品販売中 @GALLERY TAGBOAT