伊藤恭子

近年、「生きる力」をテーマに、力強い躍動的な「動」の表現を、黒をアクセントにした強いコントラスで抽象表現している。それとは対照的に、「静」をテーマに取り組み、柔らかい色調の半具象作品で、見る人の心が穏やかになることを心掛けている。「静」といっても静止の「静」ではなく、静かの「静」。時間が止まっているのではなく、時間がゆっくり流れていくようなイメージで。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
作家名
画廊
制作年
2020年
技法
ミクストメディア
号数
-
サイズ
145.5×50×6cm
価格
300,000円

作品一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※