小野蓮月

仏画を通じて「仏様は、助けてくれるんだよ」と伝えていきたい


簡単に自己紹介をお願い致します。

 
出身は、北陸の自然豊かな土地で生まれ、結婚を機に、東京に引っ越してまいりました。公共機関等で事務職をしておりましたが、大きな病気が発見され、病気療養を余儀なくされました。その後、数年、仏教の勉強をしていて、ある僧侶の方とご縁があり、本山の寺院にて、在家得度をさせていただきました。寺院等で仏画を習い、現在は、大学病院看護部で非常勤として働きながら、仏画を描いております。
 

仏画との出会いは?

 
仏画を描きたいと思ったのは、10年以上前になります。芸術が好きだった事と、仏教の教えを兼ね備えた仏画に惹かれました。
 

なぜ、仏画を描いているのですか?

 
自分自身が描きたいということもありますが、仏様が、世の中の人々を救いたいと思って下さっていて、仏画を描かせていただいているのだと思うことがあります。
 

小さいころから絵を描くこと・ものづくりが好きでしたか?

 
絵を描くのは、好きだったと思います。音楽や文学も好きで、想像力が豊かだったかもしれません。
 

作品を作る上で大切にしていることはありますか?

 
健康的生活と、仏教的エッセンスのある清浄な生活を心がけています。心を清浄に保つことにより、絵に仏様が表れて下さるように思います。仏画を描く姿勢や心構えも大切だと思っています。
 

影響を受けた画家さんはいますか?

 
平安時代の仏画、川合玉堂、村上華岳、平山郁夫等です。
 

絵を描くヒントを得るために何かしていることはありますか?

 
自然界の風景や、生き物を見るのが好きです。また、寺院等に通わせていただいたり、古来の仏画を参考にさせていただいております。人々が求めている救いを仏画で表現できたら、と思います。
 

印象に残っている展覧会や出来事はありますか?

 


 
㈱クオリアート様主催のアラブ首長国連邦アブダビでの展覧会です。海外展は、初めてだったので、世界が広がったような気がしました。
また、美術書籍「日本藝術の創跡25」でも、大日如来様を掲載していただき、感謝しております。
 

今までの作品で最も「自分らしい!」と思う作品があれば教えてください。また、そう思う理由なども教えてください。

 

大日如来 F6号


大日如来様です。守り本尊でもありますし、いつも助けていただいている仏様です。
 

作品を見た方にどのような想いを伝えたいですか?

 
人は潜在的に救いを求めていると思うので、仏画を見ていただいて、癒しや救い、仏様の教えに関心を持っていただき、仏様は、助けてくれるんだよ、ということをお伝えできたら、と思います。
 

最後に、今後の作品制作に向けての想いをお聞かせいただけますか?

 
コロナ感染拡大で、今まで経験した事のない出来事に、世界中がとまどいました。これまでの価値観が崩れ、新しい価値観が求められているのだと思います。それぞれの方が、自分の心を大切にして、ささやかですが、仏画を見ていただくことにより、仏様の存在や、教えで心の幸せを感じていただけたら嬉しいです。
 
 

戻る