作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

小笠原明代

Ogasawara  Akiyo

私の作品は埼玉県小川町の工房の手すき和紙を支持体とし、その風合いをいかし、縞模様の幾何形体を用いた抽象的な要素と、花や金魚などの具象的な題材を合わせ、その対比を特徴としています。古来より続く日本画の技法を用いながらも自由で独創的でモダンな作品を目指しています。
また、下地作りは厚さの違う和紙を2層や3層重ね加工を施し、モチーフを描く前も沢山の作業工程を経ています。
和紙を重ねることにより、画面に奥行きをもたせています。
作品のテーマは『調和と繋がり』です。抽象的な要素を目に見えない世界(霊、魂、精神、心、先祖、潜在意識)、具象的な要素が目に見える世界(肉体や物質、3次元的なもの、顕在意識)と当てはめ、2つの要素を1つの画面に描く事で表現しています。金魚や縁起ものをモチーフとして福が来るよう祈りを込めて描いた『招福シリーズ』、四季折々の花を描いてた『巡りシリーズ』、生命球からイメージを得た『円宙シリーズ』があります。

略歴
小笠原 明代/ Akiyo Ogasawara
埼玉県さいたま市出身/
最終学歴 華調理師専門学校 卒業
日本美術家 連盟 会員

【略歴】
2002~16 三軌展[東京都美術館/国立新美術館]
2014 第66回 三軌展 奨励賞受賞
2014~16 女流画家協会展[東京都美術館]
2013個展「小笠原明代日本画展」[銀座ギャラリーアーチストスペース]
2015個展「小笠原明代日本画展」[埼玉県立近代美術館]
2015~16 三人展「日本の昨日・今日・明日展?平和を訴えている広島から?」
[ギャルリ青鞜/広島]
2016 個展「縞々と水玉」[SAWYER CAFE/西荻窪]
個展「縞々と円」[銀座ギャラリーアーチストスペース]
三人展「日本の昨日・今日・明日展」[伊勢丹浦和店/埼玉]
2016~19個展「さひたま花巡り」[伊勢丹浦和店/埼玉]
2017 グループ展「東急田園都市線27駅の絵画展 ~27車窓物語~」
[東急たまプラーザ /神奈川]
「?伝統をこえて?現代日本画三人展」[東急たまプラーザ アートサロン/神奈川]
個展「祈りの季節」[ギャルリ青鞜/広島]
2018グループ展「平成動物図鑑」[福屋八丁堀本店/広島]
2019 3人展「現代女流日本画展」[船橋東武/千葉]
グループ展「アート関ヶ原-大坂夏の陣」
[阪神梅田本店/大阪]
グループ展「アート関ヶ原-安芸冬の陣」
[福屋八丁堀本店/広島」

その他、個展、グループ展多数開催
2017.6~2018.3新聞連載「さいたま花巡り」[埼玉新聞]

【その他活動】2015~2017年多摩市民会館青年教室アート体験ボランティア

【メディア】2015年10/1.11/1埼玉新聞、月刊美術11月号、10/29.NHKさいたま放送局
2016年3/7東京新聞埼玉版、3/18.読売新聞埼玉版、3/17.22.、7/12埼玉新聞
美術の窓8月号、3/21テレ玉 ごごたま
2017年2/21.さいたま朝日、3/17.読売新聞埼玉版、3/27.6/4.27.埼玉新聞
6/29.テレビ埼玉、11/17.読売新聞広島版、11/29.中国新聞

【メディア】2015年10/1.11/1埼玉新聞、月刊美術11月号、10/29.NHKさいたま放送局
2016年3/7東京新聞埼玉版、3/18.読売新聞埼玉版、3/17.22.、7/12埼玉新聞
美術の窓8月号、3/21テレ玉 ごごたま
2017年2/21.さいたま朝日、3/17.読売新聞埼玉版、3/27.6/4.27.埼玉新聞
6/29.テレビ埼玉、11/17.読売新聞広島版、11/29.中国新聞
2018年3/10 埼玉新聞、3/12 趣味の山野草4月号、3/15テレビ埼玉3/20
武州路4月号
2019年 東京新聞1/1、2/20、7/9、10/10武州路3月号
3/16、3/17、5/12 埼玉新聞、 3/18東京新聞さいたま版 その他。