作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

舛田玲香

Reika Masuda


略歴
1989年 福島県浪江町生まれ。
2011年 多摩美術大学 絵画学科 日本画専攻 卒業。
2014年 オーストラリアの動植物に興味をもち、渡豪。
2015年 日本に帰国。
現在 福島県郡山市を拠点に制作を続ける。


展覧会
2014年
『 The King's 35th Annual Art Show 』(シドニー)

2015年
『 東日本大震災復興支援イベント2015 』 (シドニー)

2016年
喜多方市美術館、第21回「2015公募:ふるさとの風景展in喜多方」
個展『 Island hopping -島を巡る旅- at Modest 』(札幌)
ファッションとデザインの合同展示会 『 rooms33 』 (東京)

2017年
個展 『舛田玲香日本画展 "向こうの世界を夢みて"』 (郡山)
ファッションとデザインの合同展示会 『 rooms34 』(東京)
企画展『舛田玲香 日本画展』 (郡山市アートスペース傘)

2018年
個展 『光をつむぐ』(数寄和、東京)


主な活動
2014年
     第42回日本放射線技術学会 秋季学術大会ポスターに作品提供。(札幌)

2015年
     SBS Radio の日本語放送に出演。(シドニー)

2016年
     ムスリムファッション会社 "WATASI JAPAN" にテキスタイルデザインを提供。
    "SAKURA HIJAB Reika series"として販売中。

2017年
    第57回日本臨床化学会年次学術集会ポスターに作品提供。(札幌)



会津の老舗和菓子店、本家長門屋とのコラボレーション羊羹が発売。

2018年
     福島の県立高校の国際理解講座にて講演会を行う。


老舗酒蔵、大木代吉本店の人気商品『こんにちは料理酒』の新ラベルを担当。

日本画の美しい画材に惚れ、旅の経験やファッション、空想などからインスピレーションを得て
  色鮮やかで独創的な世界を生み出しています。人の心や世界に明るい光を灯す作品たち。
  企業とのコラボレーションなど、絵画の持つ可能性を自由に広げていきます。

▼略歴
【1989年】
福島県浪江町生まれ。

【2011年】
多摩美術大学 絵画学科 日本画専攻 卒業。

【2014年】
オーストラリアの動植物に興味をもち、渡豪。

【2015年】
日本に帰国。
現在 福島県郡山市を拠点に制作を続ける。


▼展覧会
【2014年】
『 The King's 35th Annual Art Show 』(シドニー)

【2015年】
『 東日本大震災復興支援イベント2015 』 (シドニー)

【2016年】
喜多方市美術館、第21回「2015公募:ふるさとの風景展in喜多方」
個展『 Island hopping -島を巡る旅- at Modest 』(札幌)
ファッションとデザインの合同展示会 『 rooms33 』 (東京)

【2017年】
個展 『舛田玲香日本画展 "向こうの世界を夢みて”』 (郡山)
ファッションとデザインの合同展示会 『 rooms34 』(東京)
企画展『舛田玲香 日本画展』 (郡山市アートスペース傘)

【2018年】
個展 『光をつむぐ』(数寄和、東京)


▼主な活動
【2014年】
第42回日本放射線技術学会 秋季学術大会ポスターに作品提供。(札幌)

【2015年】
SBS Radio の日本語放送に出演。(シドニー)

【2016年】
ムスリムファッション会社 "WATASI JAPAN" にテキスタイルデザインを提供。
"SAKURA HIJAB Reika series"として販売中。

【2017年】
第57回日本臨床化学会年次学術集会ポスターに作品提供。(札幌)
会津の老舗和菓子店、本家長門屋とのコラボレーション羊羹が発売。

【2018年】
福島の県立高校の国際理解講座にて講演会を行う。
老舗酒蔵、大木代吉本店の人気商品『こんにちは料理酒』の新ラベルを担当。

展覧会一覧