神秘と象徴の中間:草間彌生のモノクローム

隠すことがすべての顕示であるような、あるいは桃の実につけられた小さな虫の穴が却ってそのいのちをあらわすような、そうした方法によって、私は神秘をあらわしたいのです。神秘と象徴の中間に横たわる世界に身をひそめて生きたいと思います。



続きを読む
 

草間彌生美術館

お知らせ一覧に 戻る