さまよえる絵筆ー東京・京都 戦時下の前衛画家たち

1930年代後半、日本の前衛画壇は最盛期を迎える一方で戦争に伴い表現の自由が奪われつつありました。また、美術界では日独伊防共協定の締結、太平洋戦争開戦などをきっかけにイタリアのルネサンス絵画や日本の埴輪や仏像、庭園などの前衛とは対照的なものの紹介が盛んになります。



続きを読む
 

板橋区立美術館

お知らせ一覧に 戻る