抜け殻となった物たちに見る戦後日本の姿。清水穣評 桑原正彦「heavenly peach」展

1990年代後半から一貫して人間の欲望による環境の変化に着目し、動物やおもちゃ、風景、少女などをモチーフとする絵画作品を制作してきた桑原正彦。
 

 
続きを読む
 

美術手帖

お知らせ一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※