特別展「明治水彩の隠れた巨匠―五百城文哉作品展」

水戸市出身の五百城文哉(いおき・ぶんさい 1863~1906年)は、明治時代に活躍した洋画家です。その作風は文字通りの「写生」であり、丹念に描かれた風景画や植物画は、水彩画特有のみずみずしさを保ちつつも、見る者を圧倒するような、カラー写真を凌駕する出来映えを誇っています。



続きを読む
 

青海市立美術館

お知らせ一覧に 戻る