キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート(静岡展)

ユネスコ世界遺産にも登録されている英国王立植物園「キューガーデン」は、18世紀半ばの開園以来、世界の植物学研究をリードし続け、植物標本のほか20万点以上のボタニカルアート(植物画)を収蔵していることでも知られています。



続きを読む
 

静岡市美術館

お知らせ一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※