展覧会「夢二が愛した日本」竹久夢二美術館で - 夢二作品の“和”に着目、旅人として眺める日本の姿

夢二作品の“和”の要素
 
センチメンタルな独自の画風の美人画を手掛けた、大正ロマンの画家として知られる竹久夢二。日本画や水彩画、油彩画、そして本の挿絵といった夢二の作品には、日本の郷愁と西欧のモダニズムという和と洋の要素が巧みに織りこまれている。
 

 
続きを読む
 

FASHION PRESS

お知らせ一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※