Interview: タニシマシロ

自身の表現をしながら
見る人に喜んでもらえる作品づくり

 

“ やりたいことに蓋をしていた学生時代 „

鮮烈な色彩で描かれた富士山や花。よく見ると点描で緻密に色づけられており、その細やかさにも圧倒される。この作品を描いたのはタニシ マシロさん。日本各地で展示を行い、フランスやニューヨークの展示にも参加している。のびのびと、描きたいものを描くというタニシ マシロさんだが、学生時代は今とは正反対の絵を描いていたのだとか。
 
 
「学生時代は色はほとんど使わず、ワントーンで仕上げる絵を描いていました。講義の中で批評会があって、教授が生徒の作品を批評していくのですが、もし自分が表現したいものを見せて、滅多打ちに批評されたら立ち直れないと思っていて。やりたいことに蓋をしていました。
大学受験で浪人していた時も、絵を描きたくて美大に行きたいのに、受験を乗り越えるまで描き続けていると、描くことが苦しくなってきちゃうんですよね。
そんな経験もあって、学生時代は描きたいものを描くより、批評会で自分のレベルや技術を示すために描いていました。他の人がやっていないことをやろうという気持ちはありましたが、自分が表現したいものとは向き合っていなかったと思います。」
 
 


 
 
もともと美術教師になりたかったというタニシ マシロさん。大学卒業後は県立高校、公立中学校の美術教師として教壇に立つ。その後、手に職をつけたいとネイルアートの世界へ。
 
 
「最初は自分の爪を綺麗にしたいと思って始めました。専門知識を学んでいろんな資格もとって、知り合いに頼まれたり、お仕事をいただいたりするようになって。
でもその後、ネイル溶剤でアレルギーを発症してしまったんです。かなり落ち込みました。熱を入れて勉強してきて、これからっていう時にどうしようもなくなってしまって。ネイルアートの仕事からは遠ざかってしまいました。」
 
 
 

“ 転機となった「ブログ」の開設 „

制作の道に戻るきっかけとなったのが「ブログ」だった。
 
 
「ネイルアートの仕事がなくなって何もすることがなくなった時、他の人がどんな風に毎日過ごしているのか気になって、いろんな人のブログを読み漁っていたんです。そこでものすごく人気のブロガーさんがいることを知って、その方のブログ講座に参加しました。
自分がブログをやるかはさておき、一般人なのにこんなに人気があるということは、何か人を惹きつけるものがあるんだろうと興味があり、思いきって行ってみたんです。
その講座でいいなと思ったことが、『自分が難なくできることで』『誰かを喜ばせる』記事を書くということ。
その講演を機に私もブログを始めてみましたが、文章だけだと全然続かなくて。改めて『自分が難なくできること』って何だろうって考えたら、やっぱり絵を描くことだったんです。それで毎日、金色のペンで描いた絵をアップするブログを始めました。」
 
 


 
 
徐々にブログの読者が増えていき、コメントをきっかけに色をつけた作品を描き始めたと言う。その後、作品の販売もスタート。少しずつ制作の道に進んでいった。
 
 
「最初はブログ上で交流のある方が買ってくださっていたんですが、ある日全く交流のなかった方が買ってくださったんです。その時、私の絵って、私の知らない人にも届くんだとわかって、すごく嬉しかった。この方が後々喜んでくれるような活躍をしたいと思いました。私にがんばり続ける栄養をくれたんです。
学生時代も含めてこれまで、今のような形で絵を描いていくとは思っていませんでした。ちょっとしたプレゼントじゃないですけど、こういう人生を急にいただいた。だからこそ真摯に、丁寧に、大事に描きたいと思っています。そしてそのベースは保ちつつも、その時その時の自分の気持ちを大事にしながら描いていきたいです。」
 
 
 

“ 海外でも評価される作品 „

作品はどんな画材で描かれているのか尋ねると、メインで使っているのはアクリル絵の具と「ポスカ」。さらに、絵の具を塗る時は筆を使わないと言う。
 
 
「例えば空や富士山など、全体のベースとなる色はアクリル絵の具で、手袋をつけて手で塗っていき、細かいところは『ポスカ』で。動きのある作業と、静かな作業を合わせているんです。仕上げに金色を入れます。
どの作品にも共通しているのは、必ず金色を使うこと。作品が引き締まるという意味もありますが、キラキラしたものってパワーが秘められていると思うんです。
ネイリストだった時も、仕上げにゴールドのラメやラインストーンなど、キラキラしたものを載せると、みなさんすごくテンションが上がるんですよ。それってすごいことだと感じていて。日本の神社仏閣にも金色が使われている所もありますし、金色って大切な色だと思うんです。そのパワーを借りて、見る人に喜んでいただきたいので、金色は必ず使います。」
 
 
そうして描かれた作品は、フランスでも評価を得た。
 
 


 
 
「フランスで開かれた、日本人アーティストが参加するグループ展で、フランス人の批評家がコメントをくださって。久しぶりの批評だったのですが、『不規則に表現されているようでまとまっている、草間彌生みたいだ』と批評してくださって、すごく嬉しかったです。
私自身、影響を受けた作家が草間彌生さんと片岡球子さんだったというのもあります。でも何より、自分の”好き”を思うように表現していいんだっていうことを再確認できたんです。私がやりたいこと、描きたいことをこのまま続けていいと、後押ししてもらえたような気持ちになりました。」
 
 
自身の表現をしながら、見る人に喜んでもらう、この二つを実現したタニシ マシロさん。今後も楽しみながら作品をつくっていきたいと話す。

戻る