笹井祐子ドローイング展「風の色・水のかたち」

展覧会情報


第2回TKO国際ミニプリント展2020(東京→京都→大阪)で審査員を務めた笹井祐子の当画廊での初個展です。「植物との対話を楽しむことが、私の日常となる。視覚的に見えない自然の生命力を感じ表現することが、私の作品となっている。」と作家は語ります。東京とメキシコを往来しながら制作を続け、伸びやかなリトグラフで知られる作家ですが、今回はファブリアーノ紙を支持体として、パステルや色鉛筆で描写したドローイングの大型作品が並ぶ予定です。会場内モニターにて、過去の作品の数々やメキシコの風景も放映予定です。ぜひ貴媒体にて記事としてご採用賜りたく何卒宜しくお願い申し上げます。 (B-gallery代表:長はるこ)

 

  笹井祐子 YUKO SASAI  

 
1966年 東京都生まれ
1990年 日本大学藝術学部美術学科卒業
2010年 日本大学海外研究員(平成 21 年度 メキシコ)
 
現在、 日本大学藝術学部 美術学科 教授
 
-主な個展-
ギャラリー21+葉(東京)/仲通りギャラリー(横浜)/マリア ルイス フェラーリ ギャラリー/(メキシコ)/ベラクルス大学付属ギャラリー ラモン アルバ デ ラ カナール(メキシコ)/在メキシコ大使館広報文化センター(メキシコ)/アートスペース 88(東京)/GalleryARK(横浜)/色/彩/美/術/館(東京)/羊画廊(新潟)/Gallery f 分の 1(東京)/ギャラリー福果(東京)/千代春画廊(東京)/ベラクルス州立彫刻公園ギャラリー(メキシコ)/ATELIER・K ART SPACE(横浜)/星と森の詩美術館(新潟)
 
-主なグループ展-
1997年「現代日本の美術の動勢 版/写すこと/の試み」富山県立近代美術館(富山)
2001年「一期一会」メキシコ自治大学チョッポ美術館(メキシコ)
2005年「現代版画の潮流展」町田市立国際版画美術館(町田),松本市美術館(松本)
2006年「ドローイングをめぐって」茨城県つくば美術館(つくば)
2009年「第 28 回損保ジャパン美術財団選抜奨励展」損保ジャパン東郷青児美術館(東京)
2011年「セイバ版画工房の色のリトグラフと版画」国立印刷博物館 他(メキシコ)
2016年「国際交流女性現代美術展「アートの断面」」BankArt StudioNYK(横浜)
2019年「on paper without borders 6th International Exhibition and Scientific Conference Lublin 2019」(ポーランド)

 

会場
会期
2020.10.06 ~ 2020.10.18
時間
14:00 ~ 18:00
休廊日
住所
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-6
TEL
03-3989-8608

戻る