Yuria Mizuta MORSO WEB個展
-ま-

ただ大げさな禅のように聞こえるかもしれませんが、
これはアート セラピー、儚い生命、そして機械との差別化により、
人間が特別な存在である理由について私の個人的な研究の結果です。
 
ポスト・アーティフィシャル・インテリジェンス・ ペインティング(Post-Artificial Intelligence Painting)―
機械的ではなく、ただ感情や感性。
ロボットには、アートワークに誇らしげに微笑む母親はいません。
ロボットには、痛み、愛、感謝の気持ちはありません。
人間には感情があり、想像力があり、思いやりを持って生きることができます。
 
このシリーズは、京都を夢見てパリで着想され、先祖の森、トンボ、蝶に感謝しながら京都で完成しました。
さわやかな風を感じませんか? 木々の間からあなたを呼ぶのは平和かもしれません。
 
Yuria Mizuta MORSO
 
新しく生まれたアート作品はこの作者自身の生命と共に大変魅力ある2つの生きたクリエイテイブな創造物なのである。最近の作品と表現は彼女の全ての才能と感性、知力が溢れている、平面でも2Dでもそのうちに音楽にも過敏な耳が共鳴するだろう〜そのいく道の技法は変わり、表現も変化していくのだろうが、常に軸として残るのはこの芸術家の深い思考であり表現のオリジナリティー個性である。彼女の人生の逸話には数限りない優しさと愛に巡り会えた人達で溢れている。
では彼女の生命力はどのように生まれ育ったのであろうか?まず彼女は日本で生まれたが親の仕事で1歳未満でイタリアに移り、インターハイスクール後にパリ大卒業。英国、フランスにて特にパリでアート活動しつつ、漫画アニメのビジネスに参加した。最近はフリーとしてアート・コンサル及びセラピー系として、人に優しいアドヴァイサーで人気があり活躍。イタリア語、英語、フランス語と堪能ゆえに比較文化に詳しく、その深さは日本文化への理解も含めて、現代人として敬愛せずにはいられない芸術家であり女性でもある。
(IMアートディレクター)

会場
日本橋Art.jp
会期
2022.12.16 ~ 2022.12.31

戻る