色彩は想いを紡ぐ

出展作品「道化師は幕を開ける」より
 
光と闇の混じり合う世界の幕が上がる。
夜であるにもかかわらず
そこには希望の光があり命がある。
本当の姿を知りながら
時には偽りがあり、悲しみがある。
矛盾の中で探り求めた空間に
風が吹き、光が当たる風景。
ようやく見えた光を浴びて
咲く花々は心を癒してくれる。
 
「色彩は想いを紡ぐ」
私はファンタジー、風景、花などジャンルには拘らず、「描くときの想い」を大切にしながら作品を紡いでいます。そして構図よりも色彩を重視して想いのまま制作しています。私の紡いだ世界が見る人に届く時、その想いは様々に変化するのではないでしょうか?

 
奥田みえこ │ OkudaMieko

光や風を感じる風景、花、物語性のある水彩画の作品群は、人肌に似た温度感がありほっとする。作家独自の心の目線で切り取られた世界が穏やかな色彩で描かれ、見るものを優しさで包み込む。
遊び心も感じられ、王道的表現に囚われていない。
 
●日本児童出版美術家連盟日本美術著作権連合会員。アトリエ・オクダ代表。
●東京生れ。多摩美術大学デザイン科卒業
●絵画作品(パステル・水彩)平成12年以降、軽やかなタッチの絵画作品を多数
制作している。
東京、名古屋などで個展開催多数回。その他出版物、テレビ、商品イラストなど、イラストレーターとしての作品多数。

会場
日本橋Art.jp
会期
2021.11.16 ~ 2021.11.30
TEL
03-6667-8383

戻る

ニュース配信

メールアドレス ※