龍の彩り

私は龍のエネルギーを表現する龍神画家です。
「なぜ龍を描いているのか。」とよく聞かれます。龍を描いているととても気持ちがいい、心地がいい。そしていつも龍が見守っているように感じます。
気づくと龍が見守っている。龍を感じると自分の中にエネルギーを感じます。
私が描く龍はそのエネルギーを表現したものです。私が描く龍が勇気となりその人のエネルギーが動き出すきっかけを創るものになればと思い描いています。
 
今年6月に八ヶ岳にアトリエを移しました。自然の雄大さ、素晴らしさ、エネルギーを感じながら、創作活動を始めています。
自然の中で様々な彩りを魅せながら、いつもどこかで見守っている龍。
自分の中にある大切なもの、魂と共鳴する龍のエネルギーを感じて頂けたら幸いです。
 
私にとって龍とは
 
龍は自然の中に棲み
森羅万象を見つめる
風となり雨となり雷となり
生きとし生けるものの営みを見守る
龍は人を天命へと導く
縁をつなげる
天と地をつなぐように
自然を育むように
龍は夢のかけらを見つけて食べる
本気の夢は呑み込めない
龍は夢を吐き出す
龍が吐いた夢は叶えられる
一人ひとりに龍がいる
そして見守っている
そう感じながら龍を表現しています
 
 
中村広乃|Hirono Nakamura
 
1964年、辰年、千葉県生まれ。
大学卒業後、人材育成企業に勤める。
42歳の時、健康診断で胃ガンと診断され、全摘手術を受ける。
「自分も死ぬんだ」と当たり前のことに気づき、それまでの生き方を見直しはじめる。
ある日、絵を描いている子どもの姿が、
とても楽しそうに見えて絵を描き始める。
似顔絵、カリカチュア、龍の絵を描きながら、自分の使命を模索する。
2013年、画家として生きていくことを決め、お世話になった会社を退職。
龍神画家として、龍画の創作、ライブペインティングなどの活動を行い、今に至る。
 
― 活動
中野素芳展、龍神祭り、大龍神展、DISCOVER THE ONE JAPANESE ART(イギリス)、美と創造の巡礼展(スペイン)、JARDIN展(UAE)、他国内外出展、「我龍展」他個展開催
 
― 個展情報
「八ヶ岳に集いし龍神」
会期:2021年10月16日(土)〜24日(日)
時間:11時〜16時
会場:八ヶ岳ドラゴンギャラリー
山梨県北杜市長坂町小荒間桜畑20−1
JR小海線 甲斐小泉駅より、徒歩12分
 
「八ヶ岳に宿る龍神」(仮称)
会期:2021年11月15日(月)〜21日(日)
時間:11時〜17時
会場:好文画廊
東京都中央区日本橋浜町2-24-1

会場
日本橋Art.jp
会期
2021.10.01 ~ 2021.10.18
TEL
03-6667-8383

戻る

ニュース配信

メールアドレス ※