日本文化を継承するアート販売Webメディア

橋本六久 Web個展
橋本六久のここ暫く

私の作品はメインで使用している画材は日本画画材ですが、アクリル等も併用しておりますので、純然たる日本画ではありません。
しかし、仮に日本画画材のみを使用していたとしても、私は自身を日本画家とは名のらないでしょう。
そも、日本画とは何か。現代に於いて、その意味は不明確であるように感じます。
 
私は、たまたま岩絵具という画材を手に取り、自身の好きなものを描いているに過ぎません。
それは江戸の浮世絵であり、刺青であり、
現代の漫画やアニメであります。
そういった意味では、古来の岩絵具と現代のアクリルと同じで、伝統を踏襲しつつも先進的なアプローチで作品を描いております。
敢えていうなら、私の作品はレトロフューチャーなのです。
 
本展示では、そんな今に至るまでの私の軌跡を表現できればと考えております。
 
橋本六久|Hashimoto Roku
 
日本画画材を好んで使用しております。
また琳派や日本の刺青文化に根付いた線の概念に影響を受けており、伝統を踏襲しつつも、先進的な印象を取り入れることを意識した、画風。
言うなれば、レトロフューチャーを意識しております。
また、自らも彫り師としても活動中です。
 
2006/個展・毒電波放送局第一放送「I like it」/BABYLON/大阪
2010/個展・骨と骸は緑色/ギャラリーはねうさぎ/京都
2014/個展・【これ】如是我聞【六久です】/Y ukiakari/滋賀
2016/個展・ユメミルオトコノコ/ヴァニラ画廊/東京
2018/個展・心斎橋奇譚/ギャラリーパライソ/大阪
2019/個展・OUTSIDE STANDARD/The Artcomplex Center of Tokyo/東京
2020/個展・流転石巌/The Artcomplex Center of Tokyo/東京
2021/個展・流転転々/The Artcomplex Center of Tokyo/東京
他、百貨店展示多数

会場
日本橋Art.jp
会期
2023.06.01 ~ 2023.06.15

戻る