Galapagos ‐独自性がもつ絵画と版画のちから‐展

展覧会情報


この度、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では昨年、「Galapagos ‐独自性がもつ絵画と版画のちから‐展」を開催致します。
 情報が溢れ、感覚すら消費の対象となる世代にあって、自らの意識を見失うことなく、独自のスタイルを確立し、進化していく。それは個々の独立性のみだけではなく、絵画・版画のような伝統的表現への可能性を示唆してくれる。そんな作品を制作し続けている作家2 名による個展形式の2 人展を提案いたします。西谷氏はFEI グループでは6 回目となる展示になります。毎作品、新たなテーマや展開を観せてくれます。そだ氏はFEI PRINT AWARD で美術の窓賞を受賞、横浜でのグループ展に参加、幣廊での展示は初になります。2 名とも表現の技法は違いますがポップでありながらダークというような相反するようで密接につながっている二面性をうまく、作品に取り入れています。
独特の絵画表現を追求する2 名の作家はGalápagos 島の動物たちのように独自の進化を遂げながらも狭い範囲の中ではない、広い視野の中で制作し、発信し続けています。是非、多くの方にご高覧頂ければ幸いです。 *状況により時間変更等の可能性がございますので最新の情報は幣廊HPやFacebook等でご確認下さい。
―――――――――――――――――――――――――――――
*新型コロナウィルス等の影響を重く受け止め、眼科母体のギャラリーとしての日々の運営にお
いて、ご利用いただく皆様の健康と安全を第一に考え、日常的に感染予防対策に努めております。
外に出られない方達が現在多くいる中で、弊廊のSNS投稿やHPの作品を観て頂く事で
少しでも気持ちが明るくなれるお手伝いができればと考えております。
人の心を癒す、人々の感性に訴え、心を豊かにする事もアート作品の役割だと思っております。
今後とも、皆様に安心してご利用いただけるよう努力してまいりますので、どうぞご
理解とあたたかいご支持をお願いいたします。

会場
会期
2021.05.17 ~ 2021.05.29
時間
11:00~19:00(最終日17:00 迄)
休廊日
住所
〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9深作眼科ビル1F・B1
TEL
03-5786-1505

戻る