牧野浩紀展「―流動・集積の興味からー」

 牧野浩紀の当画廊での初個展です。木版画、水彩画、ドローイングを中心に「滴跡・ぼかし」の集積から偶発的かつ
不定形で大小様々な一つ一つを辿り、それらの集積がモチーフを形づくる面白さや美しさを作品表現とし人物、静物、
風景、または寓意画へと変化させ、浮かび上がる図像に存在感や物語が躍動する事を願いながら彫り摺り、描き綴った
2019年以降の作品を展示予定です。当画廊主催の第2回TKO国際ミニプリント展2021(東京→京都→大阪)の入選者です。
木版画10点、水彩画5点、ドローイング5点程度の内容です。ぜひご来場の上ご高覧賜りますよう、また貴媒体にて記事
としてご採用いただきたく、何卒宜しくお願い申し上げます。(B-gallery代表:長はるこ)
 
 
【牧野浩紀 プロフィール】
1975年 / 長野県生まれ
2017年 / 第1回 新日春展 入選(以後2回入選)
2017年 / 改組 新 第4回 日展 入選(以後3回入選)
2018年 / 第4回 石本正日本画大賞展 入選(以後「奨励賞」受賞)
2019年 / 崇城大学大学院芸術研究科美術専攻修了

 
 
Googleマップのコード

会期
2021.07.06 ~ 2021.07.18

戻る

ニュース配信

メールアドレス ※