作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

清水新也

SHIMIZU SHINYA

清水新也


1968年 徳島生まれ
1985年 フランス展入選
1988年 サロン・ド・パリ会員
1991年 名古屋芸術大学卒業 渡仏
1992年 パリ国立シャガール美術館協会会員
1996年 サロン・ド・プランタン正会員
2000年 ベルギー国際現代芸術アカデミー銅賞
2003年 カンヌ国際芸術栄誉グランプリ金賞
2003年 国際芸術グランプリ銅賞
2004年 第10回フランス国際芸術サロン特別賞
2005年 スペイン・バルセロナ国際サロン特別賞
 同  フランス絵画彫刻国際展プロヴァンス賞
2006年 サロン・ド・プランタン展特別賞
2010年 グランドハイアット東京個展
現在東京、大阪、名古屋など全国主要百貨店で個展開催中
東京都港区在住



会場:鳥取大丸アートギャラリー
会期:2018年11月14日(水)~20日(火)


会場:和歌山近鉄 美術画廊 
会期:2018年11月28日(水)~12月4日(火)


会場:鶴屋百貨店 
会期:美術画廊 2018年12月12日(水)~18日(火)



油絵,油彩

ぼくは、ぴえろに魅せられて描き続けています。ぼくのぴえろは道化師ではなく、子供の象徴です。
みなさんは、あの、こぼれ落ちる涙から、喜び、悲しみ、夢と希望、怒り、憂鬱を思いおこすことでしょう。
それは、大人になった私たちの心の中にある気持ちです。その中で、僕が表現したいのは夢です。

幼いころ、誰もが持っていた、純粋な夢と希望。大人になっていくうちに、いつの間にか、どこかに捨ててきてしまっていませんか。
キャンバスの片隅に、必ず登場する自転車は、童心に返るためのタイムマシーンのようなものです。
それに乗って、いつでも童心に返れるようにという願いがこめられています。
夢だけでは生きていけないというけれど、心の中にしまいこんだ、童心に出会えたら、
もう一度、純粋な夢と希望を持つことの素晴らしさを思い出すのではないでしょうか。
夢を捨ててしまった人たち、忘れてしまった人たちに、もういちど夢を持ってもらいたい。
これがぼくの、ぴえろに託した願いです。

1968年 徳島生まれ
1985年 フランス展入選
1988年 サロン・ド・パリ会員
1991年 名古屋芸術大学卒業 渡仏
1992年 パリ国立シャガール美術館協会会員
1996年 サロン・ド・プランタン正会員
2000年 ベルギー国際現代芸術アカデミー銅賞
2003年 カンヌ国際芸術栄誉グランプリ金賞
2003年 国際芸術グランプリ銅賞
2004年 第10回フランス国際芸術サロン特別賞
2005年 スペイン・バルセロナ国際サロン特別賞
 同  フランス絵画彫刻国際展プロヴァンス賞
2006年 サロン・ド・プランタン展特別賞
2010年 グランドハイアット東京個展
現在東京、大阪、名古屋など全国主要百貨店で個展開催中
東京都港区在住

展覧会一覧