ヤマモトヒロミ

「あのときやってよかったと思っている」
忙しい日常があってこそ生まれる自由なアート


 
就職、結婚を経ても美術をやりたいという気持ちが火種のように残っていた。
当時勤めていた職場で絵画研究所に通っているという人に出会い、飛びついたというヤマモトさん。

 
 
「その絵画研究所の先生の作品に衝撃を受けました。先生は当時70代の油彩画家でした。里山の風景を描いた作品が多かったのですが、リアルじゃないけど心に届く、粗っぽいのに繊細という不思議な絵で、油彩にも色々な表現の幅があるのだと知りました。油絵は見たものを細かく描くというイメージだったのですが、その先生は見たものを心の目を通して描いていたんです。色彩豊かなパステル画やマチエールを生かしたダイナミックな表現の数々に感動しました。絵を本格的に学びたいと思ったのはこの経験からです。」
 
 
絵画研究所を通じて武蔵野美術大学に通信学部があることを知ったヤマモトさんは再び飛びつく。
こうして武蔵野美術大学短期大学部の通信教育過程に入学し、主婦業や仕事をこなしながら絵の勉強をし、4年で卒業。この間に出産も経験した。

 
 
「卒業はギリギリでしたね。5年以内に卒業しないと中退になってしまうので。レポートを提出して、試験を受けに行って、単位を取っていかなきゃいけないのですが、それを乗り越える覚悟が曖昧なまま入学してしまい、夏休みのスクーリングで出会った仲間に支えられてなんとか卒業することができました。」
 
 
とてもタフな女性だ。しかし彼女の芸術への情熱はまだ続く。
子供が生まれたことによって、子供に絵を教えたいと考えたヤマモトさんは「こども美術学園」の講師資格取得を経て武蔵野美術大学の4年制大学の3年次(通信過程)に編入、教員免許を手に入れた。
中学生までを対象にした、こども美術教室「artfarm」を主宰しているが、現在、次のフェーズに進むための準備を行っている。

 
 
「子供と接するのはすごく楽しいですし、育っていく姿を見るのは自分にとって半分生き甲斐のようなもの。やれるところまではやってみようと思っています。ですが年々体力も落ちていくので、その先を見たときに絵に本腰を入れていきたいな、と。
今二つある教室を一つに絞って、自分の作品作りに比重を傾けていけるように整理をしています。
教室に来る子供たちのためにも、『自分が教わった先生はこういうことをしていたんだな』とわかるように作品を残していきたいです。今は多分、私が何をしている人か考えもしないと思いますが、いつか意識が芽生えたときのために。私が絵を続けることが結果的に子供たちを励ますことになるんじゃないかなと思っています。」
 
 
同世代の身内が亡くなった。「未来やろうと思ってもいつどうなるかわからない」と強く感じた出来事だった。
後押しされ、画業中心の暮らしに切り替えを行っている。それは絵画研究所で見た先生の絵への憧れに端を発した、本格的に自分の絵と向き合う覚悟の表れだ。

 
 
「駆け出しです。作家として。これまでは小さな作品をサイトで販売したり、依頼されたら描いたりする程度でした。グループ展などでの展示経験はありますが、ギャラリーでの個展といった大きなことはしていないので、これからはもっと作品を作って発表していきたいです。これから先の人生を考えたときに、今から準備をしないと間に合わないと思うので。その下地作りをしている転換期ですね。」
 
 
教室だけでなく、家族を支える主婦業もあり、多忙を極めるヤマモトさん。日常に振り回されても、その日常の中に作品作りを滑り込ませ、その時間を死守したいという強い意志が見える。
 
 
「どんなに忙しくても心が落ち着くんです、絵を描いているときは。素の自分に戻る時間、リセットのような。絵を描きたいからこそ、日常の仕事をこなすエネルギーが生まれてくるように思います。描きたい気持ちが生きる力なのではと感じます。絵を描いているととにかく心地よくなるので、自分の心が収まるというか。色に癒してもらっている感覚です。」
 
 

「アサモヤ・ウラヤブ」F50 青をベースに朝露の中の裏やぶを幻想的に描いたもの


 
 
 
「ササヤキ」F3 ピンク系をベースに、バラの花が密に集まるイメージの作品


 
 
幻想的な青を基調とした絵や、明るい色合いの可愛らしい鳥の絵など、様々な色彩で表現するヤマモトさんの絵。
ヤマモトさんの使う色は、その日の感情などによって都度変わるという。日常の日記のように日々の感情が色に出る。

 
 
「高校から絵を描いてきて、自分のベースに色んなものがしみ込んでいるのでどれも自分の表現なのですが、落ち込んでいるときこそ明るい色を使って心のバランスを取っていることもあります」
 
 
「片隅Ⅱ ―再生―」F100 庭石の隙間から増殖する植物の生命力を描いたもの。
大学の卒制で、絵画コース賞受賞。この作品で春陽展に初入選した。


 
 
まだまだ画業専念の土台を作っている段階のヤマモトさん。
インスタグラムでは、現在制作中の絵や、過去に作った作品の一部を利用し、その日その瞬間に感じた色彩で新たな画面を作り、そのとき感じた言葉を添えた作品が投稿されている。大画面の一部分に焦点を絞るという手法だが、この手法はヤマモトさんの転機となった作品が原点になっているという。

 
 
「美大の課題で『風景の一部を切り取る』というテーマがあったのですが、庭石の隙間から出てくる植物がなんとも面白くて、私はその小さな空間を部分的に切り取って描きました。このテーマを卒制に生かし、100号の大画面にドカンと描いてみたんです。先生に褒めてもらって、ちょっとした賞をいただいたことがとてもうれしくて。初めて自分の作品を作ったと自覚できた作品でした。なんでもないようなものの一部分に魅力を感じるので。インスタグラムでは画面の一部から生まれる新たな世界を、今の感覚に合わせて投稿しています。」
 
 
ページトップの写真で制作している「陽光」の一部を使ったもの


 
 
日本橋Art.jpのギャラリーに掲載中の作品「アキノケハイ」の一部


 
 
過去未発表作品の一部


 
 

見過ごしてしまうような小さな空間に詰まっている面白さ。その小さな空間は、大きな世界と繋がっている。切り取られた小さな空間のその先の、無限に広がる世界を想像してほしいとヤマモトさんは語る。ヤマモトさんが捉えた小さな空間は、彼女自身のフィルターを通して心地よいと感じる色彩と空間に転換され、自由を表現する曖昧なタッチとなっている。
多忙の合間を縫いながら描かれた作品だからこそ、同じように忙しい日常に追われる現代人の心を癒す力があるのかもしれない。

 
 
 
 
ヤマモトヒロミにとって“アート”とは


 
「  日常に寄り添うもの   」
 
 

戻る