蓮水

「言葉に宿るエネルギーを書とアートで伝えたい」
日本語の歴史を内包した蓮水の表現。


 

書道家であり、墨絵アーティストでもある蓮水。
その活動は大書パフォーマンスから舞台公演の題字、店舗や邸宅の壁絵までと多岐に渡り、アートとデザインを行き来する。水墨画にネイルアート樹脂をコラージュする前代未聞の画風に至るまでのルーツや彼女が新たに取り組んでいる「言霊アート」について聞いた。

 
 
「幼少期は書道教室と絵画教室に通っていました。絵は触れる程度で終わってしまったんですが、書道はずっと続けました。書道、習字はお手本があって、いかにきれいに書くかというところでは正解がある、白黒はっきりしている世界が当時の私にはしっくり来たんです。」
 
 
大学では物理学を専攻し、「答えのある世界」、なんでも数式で表すことができる理にかなった世界に惹かれたという。そんな大学生活の中、書道家・武田双雲に師事することになる。武田双雲は芸術としての書に取り組んできた、いわゆる書道パフォーマンスの先駆けと言われ、国民的人気を誇る書道家だ。
 
 
「大学を卒業して一度は就職したんですが、なかなか世間一般の仕事では満足できなくて。進む道を迷っていたときに先生のアシスタントをやらせていただきました。イベントや子供教室のお手伝いをさせていただいていました。この頃は自分も何かできないかな、と模索していたときだったんですね。」
 
 
師事したのち、書道アーティストとして独立という順風満帆なコースではなかった。
 
 
「地に足を着けて書道家として食べていける人は一握りだと感じていました。武田先生のような人間性が素晴らしい先生と間近で関わらせていただいて、作品が素晴らしいことはもちろんですが、それと同じくらいタレント性がないと厳しいな、と。そこにすごく自信がなかったです。」
 
 
手に職を、と思った蓮水さんは、手先の自信を武器にネイルサロンに勤務したのち、ネイルアーティストとして独立した。その独立は、書道家への道に踏み出すための一歩だった。時間的余裕を作り、書道家としての活動を始めていく。
 
 
「私は特に香紙切(こうしぎれ)など、平安時代の仮名の古筆が大好きで。
仮名文字を書くときは墨を磨って書くんですね。書道は大体墨汁を使うので墨を磨ることがほとんどないのですが、仮名文字を書くときの墨の濃淡の美しさに魅力を感じて、その濃淡を使って幅を広げて表現をしたいなと思ったところから水墨画にたどり着いたんです。それまでは書道しかやっていなかったのですが、初めて水墨画の師匠に弟子入りしました。」
 
 
墨の濃淡だけで表現する面白さに気付き、水墨画にのめり込んでいった蓮水さん。それまで抱いていた書道家の夢は少しずつ形を変えていき、やがてネイルアート樹脂を駆使した画風が誕生する。
 
 
「書道は、『道』というくらいなのである意味修業のように自分と向き合っていく作業なんですよね。始めはお手本があるものを書くのは自分に合っていると思っていたんですが、だんだんと違和感を感じて、もっと墨の濃淡を使って色々な表現していきたいという気持ちに変化していったんです。自分のアート作品を作って世の中に発信していきたいと思ったときに、今までやってきたこと、文字を絵として捉えて水墨画で表現すること、さらには白黒の世界だけじゃなく、キラキラしたものを加えたいと思ったんです。ネイリストの経験から、指先がキラキラしていることで気持ちが上向きになるなど、キラキラしたものが嫌いという人はほとんどいないと思うんですよ。私には小さい娘がいるんですが、女の子だけじゃなくて男の子でも小さい子ってキラキラしたものに反応するんですよね。それが人間の心理だと思っていて、やはり人間は美しいものやきれいなものに幸せを感じるんです。水墨画の白黒の世界も好きなんですが、そこに樹脂の輝きや艶感を取り入れて、可愛さや美しさを加えたいと思いました。平面の作品に樹脂をコラージュすることで立体になっていく視覚的な面白さもあります。」
 
 
水墨画や書は和室の床の間に飾られることを前提としている。そこで、洋の空間のインテリアとして溶け込む作品を作りたかったという。
そこで縦ではなく横長のパネルを用いたりするなど、和に洋の要素を取り入れ、トータル的に空間に合うものを作っていった。空間に合わせて作る、ややデザイン寄りの制作方法も蓮水さんならではだ。

 
 
「そこは私の中で一つ課題でもあるのですが、ネイリストをずっとやってきた感覚で言うと、自分がやりたいデザインをお客様に押し付けるのではなくてお客様が求めているものにどう応えていくかが大事だったので、アートに置き換えても同じで、見ている人が幸せになるものや家に飾って美しいものを作りたいというのがあって。空間やクライアントの希望に合わせて作ることを好むと内から出てくるものを作れないというもどかしさもあって葛藤していました。」
 
 

オーダーメイド作品


 
 
この葛藤が深層部分で蓮水さんを苦しめた。アート活動をしていく中で、何のためにアートを作っているのか、その目的意識がぼんやりした時期が続き、作品がまったく作れなくなってしまった。
それが2年前のことだ。そこから2021年現在までの間、世の中はますます混とんとし、さらには新型コロナウィルスの影響で生活様式もガラリと変わった。

 
 
「コロナの自粛中に時間ができたことから人生や自分について考えました。SNSを見る時間も増えて、現代の闇を目の当たりにしました。SNSで簡単に人を攻撃したり傷つけたり。そういうことに疑問を感じました。この日本でどうやって子供が育つのかな、と。SNSやネット社会の中で子供の自殺も増えた今の世の中では子育ての不安があります。子供が大人になったときにどんな時代になっているのかな、と。そういう不安がどんどん膨らんで、自粛中にたくさん本を読みました。」
 
 
ふと曽祖父の存在が降ってきたという。
和歌が好きで、書を書いていた曽祖父は「言霊」を大事にする人だった。言霊についての本を読み漁っていくと、ぼんやりしていた目的意識にくっきりと輪郭線が形成された。

 
 
「今までは漠然と日本の文化、和の心を世界に発信したいと思っていましたが、その和の心の本質が何なのかが分かっていないまま、そういったものをモチーフにして作ってきたんですが、言霊というテーマに落とし込むことができました。」
 
 
子育ての不安も含めて、言霊というテーマによって解決策を見つけた蓮水さん。
日本語の五十音を体得し、子供たちに「あいうえお」に宿る本当の意味を教えて伝えていきたいという。

 
 
「日本の精神性は五十音から来ているという考え方です。日本人は宗教について把握していない人が大勢いますが、日本人で日本語をしゃべっている以上はある意味それが『日本語教』というか。神様って自分以外のところにあるイメージですが、日本語の中に神様が宿っている。例えば『ありがたい』は、英語にすると主語と述語がないと成立しませんが、日本語の場合は何がありがたいのか曖昧な主語と述語の間の目に見えないものがあるんですね。そういう言葉を小さい頃から話してきてそこに日本人の精神の基礎、基板があったという、言霊とはそういうこと。そして実はこの言霊には音エネルギーとして科学的根拠があることが研究でわかってきています。あいうえおの一音一音に力動があって意味があるんです。」
 
 
『舌切り雀』を題材にした作品


 
 
2021年春開催(2021年4月12日~5月1日 ギャラクシー上田 「蓮水展-コトダマの色-」)の個展では、蓮水さんが2年間の空白期間でたどり着いた言霊というテーマで構成された。「視覚的にシンプルに、幼稚園の子供でもわかるような文字アートや、日本のおとぎ話にも言霊の原理が隠されていることから『浦島太郎』や『舌切り雀』、『花咲かじいさん』などの一部を切り取った作品など、「皆さまにヒントを得ていただきたい」という思いで制作に臨んだ作品が展示。
「書」「水墨画」「デザイン」、自分の心の声を聞きながら、表現方法を使い分けている蓮水さん。今後も新しい挑戦をしたい気持ちがあり、もしかしたら違う技法を学ぶこともあるかもしれない。しかし原点は「書」にあり、線の美の追求は今後も続いていく。

 
 
「仮名を描くときは手の動き、空間の余韻が字に移るんですよ。字をそのまま書く、筆先だけを見るのではなくて、手首のしなやかさという空間感覚も大事になります。音が奏でられているような筆の動き、それが仮名の美しさ。音楽が流れてきそうかどうかが美しいと思える線の基準かもしれません。うん、音楽と一緒だと思います。」
 
 
「美術館で古代の古筆の美しい線を見るたけで萌える」という蓮水さんは線には並々ならぬこだわりがある。彼女自身もまだまだ訓練中だというが、仮名を書くときの線の質は水墨画にも生かされている。彼女の作品のディテールを見るときは「線」にも注目だ。
 
 
人気の松竹梅シリーズ


 
 
 
 
蓮水にとって“アート”とは


 
「 エンターテインメントみたいなもの 」
 
ネガティブな自己投影を含め、見た人の気持ちが上向きになったり楽しくなるようなものを作り続けたいと思っています。
 
 
 

戻る