Interview: 神之浦由美

自然体でいること、自然の流れに身をゆだねること。
人生を見つめなおして出会った、”絵を描くということ”

 
「目標などは立てずに、今、目の前にあることや環境を大切にしながら自分にできることを精いっぱいやらせていただいています」
 
 
こう語る神之浦さんは、大手航空会社の客室乗務員として多忙を極めていた時期がある。 
 

「客室乗務員になる夢が叶ったのですが、仕事をする中で自分を見失ってしまったんです。
毎回初めてお会いする方たちとチームを組んでフライトに臨むのですが、そうする中で周りに合わせようとするあまり、本当の自分が何なのかわからなくなってしまって。」
 
 
そうして人生をリセットすべく退職し、輸入雑貨を扱うお店「ジーザスユミー」を始めたのが2014年のこと。
「そのときどきでいいなと思ったものを買い付けてお店に置いています。」という輸入雑貨ジーザスユミーは神之浦さん選りすぐりのアイテムが並んでいる。
現在はご自身の絵の展示なども行っているが、もともと画家として活動していなかった神之浦さんは偶然の重なりで絵を描くようになった。まず、神之浦さんの師匠である、村田旭氏との出会いだ。

 
 
「当時、私のお店の近くにアトリエを構えている画家さんがいらっしゃって。それが村田先生でした。私のお店が輸入雑貨を扱っているので、絵のモチーフになりそうなものがあると聞いたみたいで、探しにいらっしゃったんです。それをきっかけに美術モデルをさせていただくなど一緒にお仕事をさせていただけるようになりました。」
 
 
村田旭氏は福島県・郡山市を拠点にする水彩・パステルの混合技法及び油彩を用いた絵で知られる画家だ。
神之浦さんは「JESUS PASTEL🄬(ジーザスパステル)」と名付けられたオリジナルのパステルを制作・販売しているが、実はこのパステル制作も彼女が自分で絵を描くに至る大きなきっかけとなっている。

 
 
「先生は基本、暗い部分は透明水彩で、明るく光が当たっている部分はパステルを乗せて表現するという混合技法で描かれているのですが、こういった技法に最適なパステルがほしいということで私に”作ってみたらどう?”とお話を振ってくださいました。そんなお話をしている矢先、ホルベインさんのパステル制作のワークショップを私のお店で開くことになりました。ホルベインの東京営業所の所長さんにジーザスユミーにお越しいただき、私も生徒さんと一緒にパステル制作の基礎をマスターしました。
そのあとも不思議なご縁で、父の紹介から化粧品メーカーに勤めている方とお話をさせていただく機会がありました。化粧品とパステルの顔料が似ていることから、”こんな質感のパステルを作りたい”と相談をしたら、どんな顔料をブレンドしたら良いかのアドバイスをくださり、試作の為に顔料も譲ってくださいました。そこから自分で組み合わせて納得のいくものになるよう調合して、オリジナルパステルの提供をはじめました。」
 
 
美術モデルやパステル制作など、どちらかというと作家を支える役割を担っていた神之浦さん。
自身でも絵を描くようになったのは、村田氏との出会いから2年後のことだ。

 
 
「見ているだけですごく幸せになれるので、私は描かずに、素敵な絵を見ているだけでいいと思っていました。
でも自分が作ったパステルをみなさんに使用していただくようになって、このパステルが本当に良いものなのかを検証したくなりました。自信を持ってご使用いただくためにも、自分でも絵を描いてみたくなったんです。」
 
 
絵を描くツールがあり、先生がいる。
絵を描かない理由が見つからない環境の中でごく自然な流れで絵を描き始めた。

 
 
「絵を得意とも苦手とも思ってなかったですね。
ただ本当に美しいものや自分がいいと思った感覚に従っていって、偶然にも魅力的な画風で描く作家さんに出会ったということもあって、絵に対する抵抗がまったくなかったんですよね。
実際に絵を生業にしている人の絵というものを見るのは初めてで、最初から感動してその世界に引き込まれていきました。先生の絵画教室を私のお店で開催しているので、先生が教えている姿や描いている姿を見ながら覚えていきました。」
 
 

「Small Gift」
ご覧くださる方に作品を通してささやかなプレゼントができたら、という気持ちで描いたアルストロメリア、デルフィニウム、ナデシコのブーケ。

 
 
 
 
神之浦さんの絵は村田氏の混合技法に基づき描かれているが、”絵の良し悪しは技法ではなく、絵に向かう姿勢だ”というのが村田氏の教えだ。
 
 
「人を幸せにする絵を描きなさいとよく言われているので技法的なことよりも姿勢を指導されたように思います。
私もお花や風景などのどんな様子に感動したのかを忘れないように、描き終わるまで、とにかく気持ちがブレないようにしています。お花は枯れてしまいますし、風景も時が経てば光の状況もどんどん変わってしまいます。
感動は永遠に続くものじゃないので、瞬間的な感動を絵で表現することによって永遠のものに変えていけたらいいなと思って描いています。」
 
 
神之浦さんの絵は「Dreams come true!!」や「Shine more!!!」など、メッセージ調のタイトルがつけられているものがある。それはまさに、神之浦さんが感じたことや希望を込めて描かれた絵となっており、絵と出会ってくれた”誰かのため”を思う優しい絵だ。
 
 
「GET WELL wishes」
「私がこのバラを見て元気をもらっているように、私が描いたバラを見て元気になってくれたらいいなと思って”get well wishes”とつけました」


 
 
 
「人の役に立つ絵を描いていきたいと思っています。
最初1、2年はただそこにあるものを描くのが精いっぱいで自分が思い描いていたとおりに表現できなくて。今でもそういうことはあるのですが、うまく描くよりも伝えたいことが出てきました。
絵を描き始めた頃は人生をリセットしたばかりで、自分が誰かの役に立っていると思えなかったり自信がなかったりで生きる目的を見失っていた時期だったのですが、絵を通して喜んでくれる人がいると知ったことがモチベーションに繋がりました。」
 
 
2021年6月7日(月)から13日(日)まで銀座ギャラリーあづまにて個展「神之浦由美 作品展 ~永遠に輝く世界~」が開催。3年ぶりの個展ではお花や風景画を中心に、テーマに沿った作品を新作含めて展示するという。
 
 
「今、本当に悩んでいたり、辛い気持ちを抱えていたりする方も多いと思います。私の作品はそれを乗り越えて、世の中の美しい部分を切り取ってポジティブな作品に仕上げているので、ご覧になった方が前向きな気持ちになってくださるといいなと思っています。」
 
 
 
 
神之浦由美にとって”アート”とは?


 
「 一瞬のきらめきを永遠のものに変えること 」
 
 
 

「道しるべ」
2015年、村田先生のスケッチツアーに同行し、渡仏。ルノワールゆかりの地・エソワを訪ねた際に見た風景を描いた2019年の作品。


 
 
 
「クマのウェルカムサービス」
大好きなフランスの風景とテディベアを頭の中で合成して作られたオリジナルの世界


 
 

戻る

ニュース配信

メールアドレス ※