小川浩司展

展覧会情報


  小川浩司  
 
卵黄にスタンドオイル(乾性油)、膠水、でんぷん糊(小麦粉を水で溶き熱してできる糊)を練りこんで作る「練りこみテンペラ」という技法を用いて制作をしています。
これは、顔料と混ざりやすく、水で溶きやすく、乾きが早く、発色がよく、堅牢な画面を作ることができます。
制作に関しては油絵具に比べて修正が困難なので、最初からしっかりと下絵を描きます。従って下書きが出来てしまえばあとは丹念に絵の具を塗り重ねていくだけです。この塗り重ねが良い発色を生む大事な作業になります。
手のかかる古典の技法を駆使しつつ、徹底的に無駄を排除し簡潔な色面で構成するいわゆるアニメ的発想で、身近な湘南風景・庭の花々・ライフワークでもあるゾウのいる眺め(ワールド)を表現しています。

 
 

 

会場
会期
2020.07.20 ~ 2020.07.26
時間
11:00 ~ 18:30(最終日16:00まで)
休廊日
住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-14銀座ニューセントラルビル1F
TEL
03-3572-8378

戻る