張 媛媛展 -縁起もの、円来ものづくし-




 

若手アーティストの登竜門《上野の森美術館大賞展》で大賞を獲得した期待の新人の初個展です。
彼女は既に人気作家としてコレクターから注目されており、作品を発表する度にまたたく間に買い手がつく程です。
 
アートの世界で生きることを志し中国から単身来日した自身を支えてくれた様々な縁への感謝、そして世界中の人々の幸福を願い≪縁起もの≫がモチーフの作品を展示します。鯉、招き猫、アマビエなど様々なキャラクターは「縁」のみならず「円」も呼び寄せてくれることでしょう。古代ヨーロッパの技法 エンカウスティークを用い、溶かした蜜蝋を亜麻布に染み込ませる独特の表現も魅力的です。 
よろしくご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

      張 緩緩  

 
▼略歴
1984年  中国湖北省生まれ
2007年  中国大連大学美術科卒業
2015年  横浜国立大学大学院(赤木古典絵画技法研究室) 修了
2019年  東京藝術大学大学院(油画技法材料研究室) 修了
2018-19年  ロータリー米山記念奨学金
 
▼受賞
東京芸術大学修了展覧会 メトロ文化財団賞
第37回上野の森美術館大賞展 大賞

 
 

 
 

 
 

会場
会期
2020.08.25 ~ 2020.09.08
時間
11:30 ~ 18:30
休廊日
日曜
住所
〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-7 いらか銀座ビル8F
TEL
03-3574-7553

戻る

ニュース配信

メールアドレス ※