作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

道化絵師MINE-マイン-

doukeeshi main

人は皆、道化である。をテーマに表裏を描くことが多い。出会い一つ一つ大切にその人から得られるインスピレーション。感情、精神が作品に影響を与えて生み出される。MINEの由来は、自分のモノ=物語。MINEにDが加わればMIND-精神-人との出会い、交流が僕の物語に精神が込められ絵になる思い。作品全てが絵日記。僕の思い出。自分の軌跡を描いて生きている。その他の活動としてジャンルにこだわらない。型にはまらないスタイルを意識しているため、
音楽ライブ、各種イベントの主催なども積極的に挑戦。
 
【 ブログ 】
 

▼略歴
1995年 1月2日 愛媛県 松山市出身
元々は音楽活動をしていたが、職場の都合で、19歳で徳島県に異動。
聴覚障害の先輩と出会い、香川のアートの島に連れて行ってもらう。
はじめて芸術や自然に触れ、大きな感銘を受ける。先輩に届けられる形として感謝の気持ちや表現を届けるために。音楽活動を辞め、2016年から視覚表現として独学でMINEを名乗り絵画制作開始。2017年からウォールアート制作などもスタート。2018年初個展をスタジオOWLにて開催。2019年愛媛でグループ展。大阪で個展を開催。2020年 ニュー道後ミュージックでボディペイント。東温市で開催されたとうおんアートストリートで公開制作を実施。愛媛新聞に掲載。道後アート『出番ですよ!』にも参加し、作品展示!

展覧会一覧

ブログ一覧