作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

相馬博

HIROSHI SOMA

東京に生まれ育った自分にとって目に映る風景とは真上に見える雲や太陽、月、夜空の星々でした。
その星々の光や空の光に、生命の煌き、儚さ、流れゆく時間と輪廻を照らし合わせつつ、
一方で光と色の抽象世界の作品表現を通して、本当に目に映るものがはたしてそう見えるのか感じるのか、
肉眼でしか捉えられない色彩の深さや透明感、光による輝きなど、
絵画作品の実物を見る価値や不思議さ楽しさを視覚と知覚で感じてもらえればと考えています。

その光と色を特徴とした抽象的な絵画作品は、アクリル絵具のみを使い、油彩や水彩では表現できない独特の画面を作っています。
そして自分のアイデンティティを和の伝統の美意識に感じ、作品の表面には漆のような光沢と滑らかさ、
螺鈿のような輝き、窯変天目茶碗のような光彩を画面に描き、光の屈折を利用しながら色彩の重層な奥行の表現と、
漆黒ではない輝く黒で無ではない有の内面宇宙をイメージしています。

現代美術家
リキテックスパートナーシップ協力作家

1972年 東京都生まれ
1995年 中央美術学園造形芸術科アートコース修了
1996年 中央美術学園造形芸術科研究コース修了

<個展>
2009年 K’s gallery(東京・銀座)
2011年 「secret space」gallery HALCA(東京・吉祥寺)
2012年 gallery ボンブラ(東京・吉祥寺)
2012年 「現代美術作家 相馬博展」 武蔵野市立千川小学校×Kichijoji Art Project企画(東京・吉祥寺)
2013年 「infinity」K’s gallery(東京・京橋)
2014年 「complementarity-相補性-」gallery子の星(東京・代官山)
2014年 「星霜-seiso-積み重なる色彩」Gallery STORKS(東京・青山)
2015年 「光と色の刻-hikari to iro no toki-」 ギャラリー58 (東京・銀座)
2015年 Kichijoji Art Project企画「circle of life」コピス吉祥寺アートギャラリー(東京・吉祥寺)
2016年 「光と色の間-hikari to iro no hazama-」 ギャラリー58 (東京・銀座)
2016年 「circle of universe -星たちの息吹-」Cafe&Bar「NABE」(東京・初台)
2016年 「星霜Ⅱ-seisoⅡ-積み重なる色彩」Gallery STORKS(東京・青山)
2017年 「悠久と深遠と」 ギャラリー58(東京・銀座)
2018年 「光と色の表象」 ギャラリー58(東京・銀座)
2019年 「光と色の在処」 ギャラリー58(東京・銀座)

<受賞歴>
2013年 第1回全国公募公開審査 アートイマジン芸術小品展 入賞
2014年 第2回全国公募公開審査 アートイマジン芸術小品展 特別賞
2015年 第1回コレスキ!作家名のない展覧会 大人が選ぶ部門1位

<イベント>
2014年 英国外務省主催PSVI世界グローバル・サミット東京アートイベント日本代表(駐日英国大使館・東京)
2016年 「こどもフェア2016・ハートトゥアート14」メインビジュアル担当

<作品収蔵>
バニーコルアート株式会社
学校法人中央美術学園

EXHIBITION
『 相馬博個展「光と色と煌めきと」 』

会期:2019年6月8日(土)~30日(日)
時間:9時~20時(最終日17時まで、6月19日、20日お休み)
会場:東京都西多摩郡瑞穂町殿ヶ谷442 ジョイフル本田瑞穂店2F JOYFUL-2内 GALLERY-J
URL:http://www.joyfulhonda.com/

『 うつせみのそら 』

会期:2019年7月22日(月)~27日(土)
時間:12時~19時(金~20時まで、土11時半~17時まで)
会場:東京都中央区銀座1丁目13-4 大和銀座一ビル6F K’s Gallery + K’s Gallery-an
URL:http://ks-g.main.jp/

1) 「Contact」
会期: 2019年9月16日(月)~28日(土)(日曜休廊)
時間: 12時~19時(最終日17時まで)
会場:東京都渋谷区神宮前4-17-3 表参道画廊+museeF
URL:http://omotesando-garo.com/

展覧会一覧