作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

近藤久美子

Kumiko Kondo

2013年日本で油絵を始める。始めは知人たちの肖像画を描きプレゼントをしていたが、後に風景画や静止画も多く描くようになる。 2014年ロンドンに家族で渡英。そこでイギリスの人々が日本人よりもより絵を日常的に飾るのを楽しんでいる事に気づく。自宅でイメージに合わせた絵を各部屋に飾ったり、殆どのマンションのエントランスやレストラン、パブやカフェ、オフィス、病院にも飾られている。 ロンドンに移り住んでから久美子はヨーロッパ内を旅し多くの美しい景色を見、行く先々で歴史的な美術館やアートギャラリーを訪れ刺激を受けている。 最近では彼女の絵がより多くの人々に受け入れられ、絵を頼まれるようになる。数年ロンドンに住んでいた彼女の多くの友人達もそこを去る前に自宅や思い出の場所を絵にして残しておきたいと彼女に頼んでいる。 久美子は「気持ちの和む絵」「飾りたくなる絵」を常に心に浮かべながらその後も多くの作品を手掛けている。



主に花(バラ中心)や風景画

2013年日本で油絵を始める。始めは知人たちの肖像画を描きプレゼントをしていたが、後に風景画や静止画も多く描くようになる。
2014年ロンドンに家族で渡英。そこでイギリスの人々が日本人よりもより絵を日常的に飾るのを楽しんでいる事に気づく。自宅でイメージに合わせた絵を各部屋に飾ったり、殆どのマンションのエントランスやレストラン、パブやカフェ、オフィス、病院にも飾られている。

ロンドンに移り住んでから久美子はヨーロッパ内を旅し多くの美しい景色を見、行く先々で歴史的な美術館やアートギャラリーを訪れ刺激を受けている。 最近では彼女の絵がより多くの人々に受け入れられ、絵を頼まれるようになる。数年ロンドンに住んでいた彼女の多くの友人達もそこを去る前に自宅や思い出の場所を絵にして残しておきたいと彼女に頼んでいる。

久美子は「気持ちの和む絵」「飾りたくなる絵」を常に心に浮かべながらその後も多くの作品を手掛けている。

展覧会一覧