作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

菅原青生

AoiSugawara

「今を生きる」をテーマに、人々の内面の美しさを表現し続ける画家。
愛らしい表情と身振りで人気のバレエシリーズをはじめ、人物の生き生きとした表情の瞬間をとらえ、柔らかな色で表現する作品は、繊細でありながら力強く、西洋画でありながら日本のモチーフを手がけるなど、自由な発想で作品を発表している。
 
モナリザからインスピレーションを受けて描いています。何が起こるかわからないこの時代、いまを懸命に生きるすべての人々の中に、ほんとうの美しさや、ほんとうのことが見える瞬間があります。
それを表現するために、古典技法を用いて薄い油絵具を幾重にも塗り重ねます。最近は植物画も再開し、新しい画材を研究し始めたので、今後に生かしていきたいと思います。

▼略歴
武蔵野美術大学油絵学科在学中
2020年 / 日本経済新聞社東京本社SPACE NIO展示
2015年 / 京都東急ホテル5人展
2015年 / 藤屋画廊個展
2012年 / 現代作家フランス展
2011年 / 国際芸術芸術展、大阪リーガロイヤルホテル展示、神戸市養育委員会賞

続きを表示

展覧会一覧

作家一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※