作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

小井土 尚子

Koido Naoko

日本画の魅力は一言でいうと色、ハーフトーン、その重なりの美しさ。
色を重ねていった時に思いがけない効果が出て素敵な色が出たところに私は楽しみを感じています。

自然の色というのは日本画の絵の具では表せないことが多いため、自分のイメージする色で仕上げていきます。
いつ見ても良い絵だなと心を和ませてくれることが嬉しいので、
どんなインテリアに合うかなどをイメージしながら描いています。

———————

花や馬を中心に、岩絵具・絹本・箔を駆使した作品を制作している日本画家。

伝統的な日本画の技法を守りつつ、自分が描く対象をどのように描きたいか、その感覚を大事に描いている。現在は創作活動の傍ら、日本画教室・カルチャー講師として活躍中。日本美術家連盟会員。

▼出品・受賞暦
1988年 / 第2回多摩秀作美術展 入選
2011年 / 上野の森美術館大賞展 入選
     第22回 臥龍桜日本画大賞展 入選
2012年 / 文京区功労賞 受賞
     上野の森美術館大賞展 入選
2014年 / 第25回 臥龍桜日本画大賞展 入選(東京展巡回)
2015年 / 第26回 臥龍桜日本画大賞展 入選
2017年 / 第1回新日春展 入選
2020年 / 宝龍芸術展 3位 入賞 
 
▼コラボ
Q-pot CAFE.:「SAKURA」room 掛け軸 詳細
papabubble:「桜ミックス」candy ラベル 詳細
 
▼講師
2013年〜2018年 / 武蔵野美術学園 日本画講師
2014年〜 / 荻窪読売カルチャー 日本画講師
2015年〜 / 池袋コミュニティーカレッジ 日本画講師
2018年〜 / 渋谷アート&アカデミー日本画講師

▼先々の展覧会情報
文京区展
2020年10月24日〜2020年11月1日

ブログ一覧