作家紹介
作品一覧
展覧会情報
インタビュー

長谷川光一

Koichi Hasegawa

化学工業の技術者として、化学プラントを描き続けて10数年。高度経済成長を我々はプラントとともに生きてきた。
プラントは一種の生命体。高温・高圧の化学反応、轟音とともに物質は流れ、きしみ、手荒に扱えばときに牙をむく。
エネルギーを得て活動し、新たな物質を生み出す彼らは、我々人間、地球、ひいては宇宙そのものか。
その危うさは、機能を越えた最高の美しさを醸し出す。

【1963年】
愛知県 生まれ

【2003年】
春陽展(東京都美術館) 初入選

【2004年】
中部春陽展(名古屋市博物館) 中日賞

【2007年】
春陽展(国立新美術館) 奨励賞(同’08,’09)

【2007年】
中部総合美術展(愛知県美術館)

【2011年】
青木繁記念大賞西日本美術展(福岡県石橋美術館)

【2011年】
個展(ギャラリー草庵、名古屋)(同’17)

【2014年】
個展(ギャラリー惣、銀座)(同’18)

【2015年】
個展(ギャラリーUG、東京)(同’16’17’18)

【2015年】
明日への夢展Ⅲ(兵庫県立美術館原田の森ギャラリー)

【2016年】
個展(5R Hall&Gallery、名古屋)

【2016年】
青木繁海の幸オマージュ展(ぎゃらりぃサムホール、銀座)

【2019年】
個展(兵庫県立美術館原田の森ギャラリー7GATES)
青木繁記念大賞ビエンナーレ 優秀賞
ART POINT in  LONDON(LONDON ESPACIO GALLERY)
個展(5/R Hall&Gallery、名古屋)

【現  在】
春陽会 会員

 

先々の展覧会情報

個展  2020/3/16(月)~3/21(土) 11:00~18:30  ギャラリー惣(銀座)  www.gallery-sou.co.jp

第97回春陽展  国立新美術館:2020/4/15~4/27 愛知県美術館:5/12~5/17  大阪市美術館 :6/2~6/7