WEB MUSE WEB MUSE
リニューアル記念展

GROUP EXHIBITION/リニューアル記念展

デイジー
/ 伴野加代子

仲良しうさぎはデイジーの野原でデート。楽しいひと時を過ごします。

The Bud of Light 光の芽生え
/ YOKO NAKAMURA

お日様の卵を感じさせるイメージで描いています。 花びらに包まれている透明な光の卵が、花びらが一枚一枚開かれて、光が芽生えるとき、生命の力、美しさを表現しています。 明るいエネルギー色の薔薇で、愛と美や元気を貰て頂けたら嬉しいです。

hana3
/ 向麻衣子

全てボールペンで描いています。
・五箇山和紙
・ユニボールシグノ

スプラッシュ・ドラゴン
/ 中村広乃

水飛沫の中から、力強く勢いよく現れる龍。全てを見据えるかのごとく、見守る。

大日如来
/ 小野蓮月

コロナ禍の中で、仏様からの救いと癒しのエネルギーを感じていただけたら嬉しいです。

寄せ波
/ 清水弘祥

夏の日の荒れた波を表現しました。

強く願いをかけ新しい時代に
/ 小季

A GOOD SIGN/ 良い兆し
/ Sayuri Nagakura

時計草とダリアの森の中。 賢く美しいオオカミは、良い兆しを感じて勇気が出てきました。

朝が目覚め前に
/ 諏訪温子

ピンクのワンダーランドではいつも仲間たちと一緒です。

AKATUKI
/ 大倉美和

一日の始まりの輝く日の光は、どんなこころにも、どんな一場所にも明るい未来を見せる力がある。そんな光を表現している。

晩夏のメモリー
/ 市岡あけみ

晩夏の中での美しい思い出。

Doze
/ 田村勇太

『Doze』= 日本語で「まどろむ」というような意味を持つ言葉。

火花 Spark
/ 山本麻友美


/ 瀧ヶ崎千鶴

白に近い桜色の花びらが美しいソメイヨシノ、色が映えるよう金箔下地を使いました。

燕子花図ー銀
/ 岡本梓

尾形光琳氏の燕子花図屏風にミュシャの作風を取り入れたオマージュ作品です。
群青色のフレームデザインにシルバーに煌めく流水紋様がポイントです。暑い夏に涼やかな風を運んでくれる作品です。

color.34
/ 永都叶千

朝顔の色彩を思わせるカラーバリエーション

Breakfast
/ Imai Atsushi

何気ない日常の朝食の1コマです。

仲間
/ 渡辺洋子

ピンクのワンダーランドではいつも仲間たちと一緒です。

瀑(ばく)
/ 田中宏明

岐阜県にある平湯大滝。冬には凍ってしまう滝ですが、今の時期は題名通りの「瀑」です。

アオノキオク
/ ヤマモトヒロミ

"数年前に描いた作品を、新たな視点で仕上げました。バラとラベンダーの季節を幻想的に描いたものです。"

The Selfish Gene #3
/ Kazuo Hoshina

デジタルデータである遺伝子が生命の痕跡を残す。

星の牧場
/ 井上月絵

煌めく光の下で、牛の親子がお散歩しています。

蒼きものへの憧れ
/ 長山太一

青の私の絵は、私自身とも取れる世界観です。

Organisms
/ しらとりあやを

人物の真っ直ぐな眼差しと木の荒々しい木肌に生命力を感じる作品です。

静かな祈り
/ 尾崎尚子

暑い夏にあえて冬のタペストリーで涼んでいただければ。気兼ねのない日常生活が早く戻ってきますように、祈りを込めて。




リニューアル記念展/参加アーティスト

伴野加代 静岡県静岡市(旧清水市)生まれ。 2014年末より銅版画を始め、翌年にはアトリエを構え活動を本格化。 スペイン、スイス、フランス、イギリスなど国内外への出展、入選受賞多数。 作家ページへ
YOKO NAKAMURA 短期大学芸術科中退 現在無所属 降現在まで独学 1990~2010年 一陽会会友 東京都美術館 大阪市立美術館 作家ページへ
向麻衣子 19歳よりボールペンを使い絵を描くようになる。独学。現在はアクリル画にも挑戦中。色々な可能性を追求しながら制作をしている。 作家ページへ
中村広乃 大学卒業後、人材育成企業に勤める。42歳の時、健康診断で胃ガンと診断され、全摘手術を受ける。 作家ページへ
小野蓮月 2014年在家得度 寺院等にて、仏画を習う / 大学病院看護部非常勤勤務 女流画家協会 研究部会員 作家ページへ
清水弘祥 1974年 京都市立日吉ヶ丘高校美術工芸科卒業 1975年 京友禅創作着物会社勤務 1985年 独立 京友禅濡れ描き工房洛彩舎 作家ページへ
小季 上野の森美術館大賞展第35回 入選 京都文化博物館 入選作品 展示 西尾市キャッチ放送 銀座sessionII展示 作家ページへ
Sayuri Nagakura 2013年 個展 喫茶店山水 (日本) 2016-2018年 kid’s アートクラス主催 (メキシコ) 2021年 ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION ANIMAL EDITION 掲載 作家ページへ
諏訪温子 2011年 京都精華大学大学芸術研究科日本画専攻修了 / 現在:京都日本画家協会会員 西宮日本画協会会員 西宮芸術文化協会会員 作家ページへ
大倉美和 デコラティブペインティング協会講師会員 日本手芸普及協会講師会員 一般社団法人 職業教育・キャリア教育財団洋裁講師 作家ページへ
市岡あけみ 文化服装学院ファッションデザイン科卒 ファッションデザイナーを経て電子式パイプオルガンの装飾などを手掛ける  作家ページへ
田村勇太 2015年頃より独学でアクリル絵の具を使用した植物画・人物ポートレートを主に制作 モチーフを通して画家の内的世界を表現している 作家ページへ
山本麻友美 2018年 油彩を始める、Heretaunga College、New Zealand School of Tourism卒業 作家ページへ
瀧ヶ崎千鶴 1997年 東京学芸大学教養系芸術課程卒業 / 展覧会:東武百貨店(池袋店)東急百貨店(吉祥寺・たまプラーザ店)小田急百貨店(町田・新宿店) 作家ページへ
岡本梓 2009年 関西学院大学総合政策学部卒業 / 船会社に勤務 (~2020年) / 2021年 光陽会第69回光陽展入選、上野の森美術館第34回日本の自然を描く展入選 作家ページへ
永都叶千 1980年 片岡球子先生師事 / 1983年 院展初入選 以後春6回、秋7回入選 / 1985年 愛知県立芸術大学(日本画)大学院修了 作家ページへ
Imai Atsushi 1975年から姫路市在住。元々は漫画家を志していたが1989年から転向して1995年までTWO.AI’sのペンネームでイラスト、色鉛筆画家活動をする 作家ページへ
渡辺洋子 1997年 銀座「すどう美術館」にて初個展 / 1999年 同美術館にて個展 以後、横浜と銀座を拠点に、個展・グループ展開催- 作家ページへ
田中宏明 1991年 愛知県立芸術大学美術学部美術学科日本画専攻卒業 / 2012年 再興第97回院展初入選 以降毎年出品、片岡球子、松村公嗣 に師事 作家ページへ
ヤマモトヒロミ 1997年 武蔵野美術大学短期大学部通信教育部卒業 / 2020年 Instagramで展開した、画面の一部から生まれる新たな世界を絵画作品にて発表、Arte de aco様主催グループ展「絵のある生活 vol.3」出品、合同会社日本文藝様主催「現代作家によるサムホールの世界」出品 作家ページへ
Kazuo Hoshina 2017年10月 Michie HoshinaとKazuo Hoshinaの現代アートユニットM&K Design®︎(エムアンドケーデザイン)を設立 作家ページへ
井上月絵 2019年 川口市立看護専門学校卒業 / 2021年 グループ展「NATURE」galleryartpoint 作家ページへ
長山太一 2017年 初・個展 / まど・みちおさんの絵を見て、抽象画を書き始める アール・ブリュット画家として、高知県で芸術家活動中 作家ページへ
しらとりあやを 2012年 光陽展新人記念賞 / 2014年 多摩美術大学卒業 卒業制作優秀作品選抜 / 2018年 世界絵画大賞展入選 作家ページへ
尾崎尚子 2009年 韓日アート展 韓国大使館韓国文化院(東京) / 1979年 嵯峨美術短期大学生活デザイン科卒 / 1984年 日本染織学園染色科卒 作家ページへ