打テヤモロ手ヲの柵

棟方志功

1957年に入院中の柳宗悦を見舞うために柳の短句『心偈(こころうた)』を板画にした『心偈頌』シリーズのひとつ。棟方は毎朝6時に起きて朝食前に制作に打ち込み、作品が10枚ほどになるごとに、棟方チヤ夫人の手で柳の病床に届けられた。この時に作られた板画は60点ほどで、後に12点の追加と題字、扉絵などが加えられ、全77柵としてまとめらた。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
打テヤモロ手ヲの柵
作家名
画廊
制作年
1957年
技法
-
号数
板画
サイズ
21.1×15cm
価格
1,900,000円
額装有 買戻し保証

作品一覧に 戻る