今はもう秋

蔵満ゆう

今から50年程前シャンソン歌手の越路吹雪さんが「誰もいない海」という歌を歌っていました。曲の冒頭は「今はもう秋」という言葉から始まります。この言葉を初めて聞いたときから秋の真っ赤な夕日、黄色く染まった葉、肌に快い風を感じると思い出すようになりました。 歌は「死にはしないと」で終わる歌詞です。「椰子の実」を作詞した島崎藤村は、大磯の海岸で命を絶とうと歩いていました。この絵は海岸を歩く絵ではなく、渦中から少し離れ俯瞰しているという意味を持たせたいと思い、温泉から海をのぞむというようにいたしました。 この歌をイメージした本作品は、真っ赤な夕日を背景にギター奏者の演奏が流れ、温泉に入りながら憩うという落ち着いた空間を演出しています。落ち着きたい場所に飾られるのはいかがでしょうか。 歌と一緒に絵を楽しんでいただけたら幸いです。 (素材:油絵、キャンバス)
MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
今はもう秋
作家名
画廊
制作年
2022年
技法
油彩画
号数
S4号
サイズ
33.3×33.3×1.8cm
価格
90,880円
買戻し保証

作品一覧に 戻る