甲骨文「雨」 古代文字書家の安東麟がオススメする魅力的な文字

安東麟

雨の文字には、解説はいらない。 ただ、安東麟は、古代文字を可視化し、文章化して伝えることが使命であると信じている。 著書にて、甲骨文の魅力に触れた。 著書に、特定非営利活動法人 国語問題協議会 解説・揮毫安東麟『本字を知る樂しみ』甲骨文・金文 あるある100漢字 がある。(2021年11月6日初版発行) 解説文として主なものに、 芸術新聞社『墨』2019年7.8月号甲骨文字発見120年特別企画甲骨文字は面白い!を、筑波大学教授菅野智明先生の監修のもとで執筆。 題字・揮毫の主なものに、 東京2020年7月10日外国語大学発行『フィールドプラス』にて、落合淳思氏が『甲骨文字研究と現代書道』と題して、殷代の文字資料の多様性は現代の書道に生かすことが出来ると記述。そこで、落合淳思氏は甲骨文の書法表現の可能性として、安東麟臨書の甲骨文を掲載した。 2021年3月全国精麦工業協同組合連合会企画・監修・発行による『麦焼酎百撰』がある。 他に、福井県白川静100周年講演大筆による、大字揮毫。 とんねるずの「食わず嫌い王決定戦」、映画『残侠』がある。
MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
甲骨文「雨」 古代文字書家の安東麟がオススメする魅力的な文字
作家名
画廊
制作年
2020年
技法
書道
号数
0号
サイズ
20×10×0.2cm
価格
10,000円
買戻し保証

作品一覧に 戻る