恥じることなどひとつもない

山本あき

人ってどんなものだろうと考えてみたら、やっぱりの内側の感情とか感覚とか記憶とかが入り混じったところが私にとって「人」なんだよなと思い描きました。
ただ、内側にある良いもの悪いものも、「生き物」としてみれば恥じる必要なんて微塵もなくて、全部ひっくるめて「生き物・人」なんだろうなと思います。

自ら漉いた手漉き和紙にアクリル絵の具で描いています。
和紙は楮(素材)の色を生かし、繊維を残して漉いているため紙も一点物となっています。

記載されているサイズは作品サイズのため、額装を含めるともう一回り大きくなります。

サインとタイトルは作品側面に入っています。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
恥じることなどひとつもない
作家名
画廊
制作年
2022年
技法
アクリル画
号数
6号
サイズ
41×31.8×2cm
価格
132,000円
買戻し保証

作品一覧に 戻る