泥池に咲く

西尾修一

お経の書写はもっぱら墨書ですが、私は毛筆で天平時代の文字スタイルで書いた「般若心経」を銅版画(メゾチント技法)で表現いたしました。1版カラーメゾチントです。 鏡文字を写し、バニッシャーで文字、図柄を磨き仕上げています。 蓮の花が満開です。「出淤泥而不染」(泥より出づるも染まらず)儒学者・周敦頤(しゅう とんい/1017-1073年)の短文「愛蓮説」という短文の一節です。蓮は泥の中から泥水を吸い上げても美しい花を咲かせます。どんなに辛く、劣悪な環境だったとしても、決してその環境に染まらず、清く正しく生きるという意味合いで人々から愛されています。 本作品は第第88回版画協会主催「版画展」に初出品初入選いたしました。
MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
泥池に咲く
作家名
画廊
制作年
2021年
技法
版画
号数
-
サイズ
28.5×43.5cm
価格
100,000円
買戻し保証

作品一覧に 戻る