10000018673

袋を持った空間

杉全直

― 代表作 ―
「跛行」「赤い蛇」「ふたりの肖像」
 
― 作家紹介 ―
1914年 東京都に生まれ、姫路に育つ。
1933年 東京美術学校(現:東京藝術大学)油画科予科に入学。
1938年 本科入科後、卒業。
1939年 第9回独立展協会賞受賞。
1958年 3回現代日本美術展 優秀賞
1959年 第5回日本国際美術展 鎌倉近代美術館賞
1961年 サンパウロ・ビエンナーレ展出品。
第5回日本国際美術展 ブリヂストン美術館賞を受賞。
1968-73年 多摩美術大学教授就任
1981年 第31回芸術選奨文部大臣賞を受賞。
1977-81年 東京芸術大学教授就任
1994年 脳梗塞のため死去。

洋画家。東京美術学校系統のシュルレアリスムのグループで目立った活動をしていた「貌」に参加し、平面作品以外にも、立体作品を中心に制作した時期もある。現代日本美術展、日本国際美術展などで優秀賞を受賞し、日本の抽象絵画をリードする一人となる。

姫路中学在学中、当時同校の美術教師であった飯田勇に油彩の基礎を学ぶ。
1924年、兵庫県姫路市に移住。その後、美術学校進学のためアトリエ村として画家が多く集まっていた埼玉県浦和市(現・さいたま市浦和区)へ移住し浦和画家にひとりに数えられる。1933年、東京美術学校(現:東京芸術大学)油画科予科に入学、1934年東京美術学校油画科に入学、その後、本科に入科し、1938年に卒業。

在学中から二科展に出品し1939年、第9回独立展で協会賞を受賞。同年福沢一郎ら40名の前衛活動家と共にシュルレアリスム運動で知られる美術文化協会の創立同人となり、戦後もシュルレアリスム的な作品を制作していたが、1953(昭和28)年に退会。以後無所属で個展を中心に発表を続けている。

1950年代から国内外を問わず、数多くの美術展に出品する。
1952年前後からキュビスム的な形の処理と構成が試みられるようになり、1954年頃から外界の対象によらない色彩と形によって運動感やリズム感を表す描象表現主義的な作風に移った。亀甲形、すなわち六角形のフォルムが表れるようになるのは1960年からで、このころ厚く盛り上げられた絵具の材質感が強調される一万、拡散する力と求心力とがせめぎあい強烈なエネルギーを発散する作品が数多く描かれた。

1955(昭和30)年頃より抽象に転じ、その後、多摩美術大学教授や東京芸術大学教授を務めた。
1965年から約1年間ヨーロッパに旅行、1967年頃から非具象着彩の半立体や立体の作品を制作するようになり、70年代は立体や半立体の制作が中心となった。
1980年東京芸術大学で退官記念展として回顧展を行い、同年ギャラリー・ジェイコでも回顧展形式の自選展を開いた。1990年頃までは意欲的に制作に打ち込むが、1994年、脳梗塞のため死去。

作品情報

作品タイトル
袋を持った空間
作家名
杉全直
画廊
制作年
1963年
技法
油彩画
号数
P30号
サイズ
H91×W65cm
価格
3,000,000円
額装有 キャンバス 買戻し保証付き

作品一覧に 戻る

作品キーワード

必要なキーワードをチェックして下の検索ボタンをクリックすると、キーワード検索ができます。