瓦当文(がとうぶん)「千秋万世」

安東麟

●読み 千秋(せんしゅう)萬世(ばんせい) ●意味 千年万年も、何代も続く限りなく長き世。

書道教室では教えてくれない、篆書のススメ!

絵手紙の先生‼瓦当文ですよ。 古代文字書家の安東麟(あんどうりん)が情熱を込めてお伝えします。素敵です。

古代の文字、絶対オススメなのです。 贈って嬉しい、貰って嬉しい。 大好き、吉祥語‼ みんなに知ってほしい‼ 瓦当文の面白さ! 瓦当文の美! 絵手紙を愛好する方も、書道を愛好する方も、瓦当文に挑戦していただきたい。

瓦当文(がとうぶん)とは、型に粘土を押しあてて整形して焼きあげたもので、軒(のき)丸瓦(まるがわら)には、文字や画像の装飾がされており、漢時代に流行し、その多くが篆書で、めでたい語句の吉祥語が記されたものがある。円の内部の、扇面状の限られた空間に合うようにデフォルメされ、その文字造形は意匠性の強いものが多い。

ここでは、千秋万世の四字の瓦当文を、一般の色紙よりも小さな豆色紙に、細いほそい筆で、金泥で書した。篆書を基本とした文字なので、字源解釈を添付しておく。

◎千の字源 人の側身形に一本の横画を加えた形で、数の一千を意味する。(ちなみに、甲骨文の「三千」は、人の側身形のところに三本の横画を入れた形で、「五千」は足のところに「五」を記した形である)

◎秋の字源 白川氏に拠ると、稲を食う、ずいむしと、はくいむしを火で焼く形とある。 豊作祈願のために害虫を火で焼く、秋の季節を表した。 殷代の甲骨文では、農作物を食う害虫のみの形と、害虫の形と火を合わせた形がある。甲骨文動物シリーズの字形と同様、この文字も、絵のように足を地面に付けた形ではなく、縦に記された形である。上部には触覚、左側に足があり、右側に羽が記された形が基本形である。害虫退治の火や、足や羽を省略した異体がある。西周金文には例がない。 秦代には、虫の形が省略され、穀物を表す「のぎ偏(禾)」を加えた形で記される。

◎萬の字源 さそりの形。「萬」字の上部の「艹」のような部分はサソリの腕が変化したものである。 殷代の甲骨文より、さそりの虫の意味では使用されず、数字の「万(まん)」として使用された。さそりを意味する「蠆」の初文。 新字体として使っている今の漢字は、旧字体の省略字として使用されたものであるが、本来は別字であった。

◎世の字源 落合氏に拠ると、「世」は、単独での使用はないが、甲骨文では文字の一部として使われているとして、甲骨文の字形を掲載している。ここでは単独で使用されている金文以降の提示を行なった。 字源について落合氏は、おそらく竹の葉を表した文字として、日本で国字として作られた「笹」の文字は、偶然の一致であり、継承関係はないとする。 白川氏に拠ると、木の枝の新芽として、上の縦三画にそれぞれ肥点を加えて、木の枝の新芽が出ている形とし、それによって新しい時期、世代をあらわすものであろうと記述する。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
瓦当文(がとうぶん)「千秋万世」
作家名
画廊
制作年
2017年
技法
書道
号数
0号
サイズ
15×15×0.2cm
価格
10,000円
買戻し保証

作品一覧に 戻る