Whereabouts of dots and lines

井上空咲

点と線の動きを濃墨と金紛で、シンプルに表現しました。黒の線を見せているようで、余白の白を響かせています。

MORE DETAILS

作品情報

作品タイトル
Whereabouts of dots and lines
作家名
画廊
制作年
2020年
技法
墨象
号数
-
サイズ
10×14.7cm(左)/ 14.7×10cm(中)/ 10×14.7cm(右)
価格
50,000円
額装有 画仙紙ハガキ 墨 金紛  ハガキサイズの3連作 買戻し保証

作品一覧に 戻る

ニュース配信

メールアドレス ※