10000024238

循環と再誕

中西宇仁

【奈良の美術館にて展示予定】
 
蓮の花には蓮華の五徳という極楽浄土への教えがありそれをテーマに描きました。
 
五徳
1 淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく)
2 一茎一花の徳(いっけいいっかのとく)
3 花果同時の徳(かかどうじのとく)
4 一花多果の徳(いっかたかのとく)
5 中虚外直の徳(ちゅうこげちょくのとく)
 
細かい内容は見ずに五徳の題からイメージしました。
 
茎は魂の通り道で蓮の花を通して魂は黄泉へ誘われる。
魂は、廻り蓮を通し新たな魂が生まれる。
 
お経の教えでは、人はそれぞれが特別な存在で仏の心を持ち人々を幸せにする、のような内容らしいです。

作品情報

作品タイトル
循環と再誕
作家名
画廊
制作年
2021年
技法
油彩画
号数
-
サイズ
450×300mm
価格
165,000円
マチエール 買戻し保証

作品一覧に 戻る

作品キーワード

必要なキーワードをチェックして下の検索ボタンをクリックすると、キーワード検索ができます。