10000012955

歌う李香蘭

梅原龍三郎

― 代表作 ―
「桜島」「裸婦扇」「薔薇」「紫禁城」「富士山」
 
― 作家紹介 ―
1888年 京都府京都市下京区生まれ 聖護院洋画研究所、関西美術院で学ぶ
1909年 高村光太郎のアトリエを引き継いでパリに滞在、ルノワールに師事
1913年10月 神田ビーナス倶楽部にて個展「梅原良三郎油絵展覧会」を開催、滞欧中の作品を発表する
1914-17年 二科会創立会員
1922-25年 春陽会創立会員
1928年 国画創作協会洋画部を新設
1928年 国画会発足
1935年 帝国美術院会員
1944年 帝室技芸員に任命される。東京美術学校(現:東京芸術大学)教授就任(-52年)
1952年 ヴェネツィア・ビエンナーレの国際審査員着任。文化勲章受章
1957年 朝日賞 日本芸術院会員
1973年 フランス芸術文化勲章コマンドール章受章
1986年 肺炎による心不全のため逝去 享年97歳

ヨーロッパで学んだ油彩画に日本画の手法を取り入れ、絢爛豪華な色彩と独特のタッチで独自の世界を切り開いた。大正・昭和を通して安井曾太郎と共に活躍した日本洋画界の重鎮である。

1888年、京都の染物問屋、「染呉服悉皆屋」を営む父梅原長兵衛と母かめの末子として生まれた。

15歳で画家を志し、京都府立第二中学校(現・京都府立鳥羽高等学校)を中退すると、伊藤快彦、浅井忠のもとで絵画を学んだが、梅原の人生を決定づけたのはピエール=オーギュスト・ルノワールとの出会いである。

1908年、後に美術史家となる田中喜作と共にフランスに留学し、パリのリュクサンブール美術館で初めてルノワールの作品を目にした梅原はこう言ったという。
「そう、この画こそ私が求めて居た、夢見ていた、そして自分が成したい絵である。かかる絵を見ることが出来てこそ、かく遠く海を越えてここに来た価値があった」
豊穣な色彩のとりこになった梅原は、モンマルトルのルノワールのアトリエを訪れては批評を受けた。このときに、ルノワールの血は梅原に溶け込んだといってもよいだろう。 こうして元々の恵まれた天分が花開き始めた。

翌年、帰国する高村光太郎のアトリエを引き継いでパリに滞在し、アカデミー・ジュリアンに通い、さらにルノワールの指導を受ける機会を得た。知人の有島生馬を通して1910年にはルノワールやパリの芸術についてを雑誌『白樺』に寄稿している。

1913年に帰国すると、白樺社の主催により東京神田で個展「梅原良三郎油絵展覧会」を開催。このとき白樺社同人の武者小路実篤・志賀直哉・柳宗悦らの知遇を得た。翌1914年には二科会の設立に関わる。この年洋画家・亀岡崇の妹・艶子と結婚。二人の間には翌年長女・紅良が、その3年後には長男・成四が生まれた。

1920年には再渡仏し、前年亡くなったルノワールの遺族を訪問した際、再びナポリを訪ねた。噴煙を上げるヴェスヴィオ山の近くで偶然出会った日本人に梅原は「此この美感に桜島の景色が似てゐる」と聞き、その言葉が心に深く残り、13年後、梅原は東京でふと耳にした鹿児島の民謡・小原節を聞いて「長閑な南国の景色が夢みられ、矢も楯もたまらず行て見度なり腰を上げた」とう。それは1934年1月のこと。東京から汽車で20時間以上揺られて初めての九州の旅、梅原の高揚する気持ちが想像される。

その後は、1922年に春陽会への参加を契機に東洋的なものへの志向を強め春陽会の設立に参加し、明快な色彩と日本画家の伝統的な技法を摂取して独自の画境を開拓した。
数年後、その春陽会を去ると、1925年には土田麦僊の招きで国画創作協会に合流し、国画創作協会洋画部、通称「第二部」を設置した。その3年後、第1部である日本画部の解散が決まると、梅原は洋画部を国画会として存続させる決意を固め、その中心人物として日本の美術界を牽引し始めるのである。

1930年代には木版と合羽版(彩色版)の複合版からなる裸婦図を石原求龍堂から刊行した。この時の彫り摺りを平塚運一が担当したかといわれる。

1952年に日本が主権を回復し海外渡航が再びできるようになると、梅原は早速東京美術学校教授を辞任して渡欧、ヴェネツィア・ビエンナーレの国際審査員を務めた。同年文化勲章受章。翌1953年(昭和28年)に長野県軽井沢町にアトリエを設けた。
1957年には日本芸術院会員をはじめさまざまな役職を辞し、以後は渡欧を繰り返して自由な立場から制作に励んだ。少年時代からの良きライバルだった安井曽太郎とともに洋画界の頂点を極め、「日本洋画壇の双璧」と謳われたのもこの頃である。1973年、フランス芸術文化勲章コマンドール章受章

1986年、肺炎による心不全のため慶応病院にて97歳で逝去。「葬式無用 弔問供物 固辞する事 生者は死者の為に煩わさるべからず」と書き残していた。

晩年に使用した吉田五十八設計の東京都市ヶ谷のアトリエは、山梨県北杜市の清春芸術村に移築されて一般に公開されている。

作品情報

作品タイトル
歌う李香蘭
作家名
画廊
制作年
-
技法
墨、岩彩、紙
号数
-
サイズ
28×20.1cm
価格
500,000円
額装有 東京美術倶楽部鑑定書 買戻し保証付き

作品一覧に 戻る

作品キーワード

必要なキーワードをチェックして下の検索ボタンをクリックすると、キーワード検索ができます。